Home 注目 「うどんに合う酒」地元連携で開発成功


香川の新しい食の楽しみが誕生

そばに酒は合うが、うどんは―。そんな疑問に真っ向から立ち向かうのはうどんを県民食として愛する香川県だ。讃岐うどんなど県の食文化を地域活性化に生かそうと「うどんに合う酒を考える会」(三矢昌洋会長=喜代美山荘花樹海)がこれまで取り組みを進めてきたが、ついに3月、地元地酒メーカーと協力して「うどんに合う酒」の開発にこのほど成功。今や全国区となった「うどん県」に「それだけじゃない」魅力がまた1つ加わった。

記事の続きはコチラ


コメントを残す