Home 映像 日本酒文化を楽しむ会「東洋美人編」


167のいいね!と10のツイートが消去されましたが、現在は復旧しております。
ご好評いただいている記事ですので、引き続きご覧ください。

日時 2014年7月11日(金)PM7時~9時30分
場所 店名 全国うまいもの交流サロン なみへい

昨年7月28日、山口県萩市より島根県に至る地域を襲った豪雨災害によって山口県の澄川酒造場さん(東洋美人)が被災されました。

澄川酒造場の位置する小川地区は今回の災害で最も深刻な被害を被った地域のひとつで酒蔵や自宅は1階部分が全て浸水し泥水に浸かるなどして相当な被害が出ました。

ただご家族を始め社員の皆さん全員が無事だったことだけは不幸中の幸いでした。
それから1年経とうとしていますが酒蔵は懸命な復旧作業により、昨年末には 『蔵の改築』と『酒の仕込み』を再開することができましたものの今だ被害の傷跡はまだまだ残っている状況です。

そこで澄川酒造場に頑張って頂きたいという気持ちを込めて「東洋美人を応援する会」が開催されました。

澄川酒造さんがお酒造りをする米が足りないということで、喜多方の大和川酒造店の佐藤社長により融通された、山田錦で造られた「環起」という純米吟醸酒も振る舞われました。

会場にはシンガーソングライターの庄野真代さんが来られるなど、大変な盛り上がりでした。

また、災害を乗り越え進化していく東洋美人は、環境エネルギー政策研究所の飯田所長などの支援などもあり、ソーラー設備を備えた酒蔵として今後生まれ変わっていくそうです。

エネルギーと食と地域の自立に向けて東洋美人は動きだしています。

情報元:日本酒文化を楽しむ会

 


コメントを残す