Home 映像 困難を乗り越え、全国新酒鑑評会2年連続首位に輝く福島県! 「ふくしま美酒体験」レポート


ふくしま美酒体験 in 渋谷
2014年8月21日(木)

会 場:セルリアンタワー東急ホテル

各県の日本酒イベントとしても驚異的な、662名の福島の日本酒ファンが渋谷のセルリアンタワー東急に集った。
会場では各蔵元から自慢の日本酒を振る舞われ、熱気に近い盛り上がりを見せ、日本酒ファンたちを笑顔にしていた。


福島県は、平成26年5月20日発表の全国新酒鑑評会で、山形と並び全国最多の17銘柄が金賞酒を受賞した。
(金賞酒とは、入賞酒の中で特に優秀と認められたもの。)
東日本大震災で首位の座を明け渡していたが、放射能の風評被害にも係わらず、昨年、3年振りに首位に返り咲き、今年も2年連続の首位を獲得した。

未だに風評被害の壁は乗り越える事は出来ないと語る福島県酒造組合会長 新城 猪之吉氏だが、まじめに美味しいお酒を造ろうとする蔵元の想いと行動は、少しずつだが確実に、一般の消費者のもとに届き始めている。

動画内では、福島が現在挑戦している新しい日本酒造りのコツも後半で少しだけご紹介しています。


2 replies to this post

コメントを残す