Home STAFFブログ “日本酒ガールの関西ほろ酔い蔵さんぽ”

nihonshugirl

 

こんにちは、酒蔵プレスの鈴木です。

今回は、日本酒ガール・松浦すみれさんに頂いた、“日本酒ガールの関西ほろ酔い蔵さんぽ”という本をご紹介致します!

IMG_7989

■ “日本酒ガールの関西ほろ酔い蔵さんぽ”
松尾大社で巫女さんをされていた松浦すみれさんが1年をかけて取材した酒蔵や日本酒の関する情報が丁寧な文章と手書きのイラストを添えられて書かれた本です。

 

本を読ませて頂き、日本酒ファンにはもちろん、お酒初心者や日本酒を飲んだことのない女性に紹介したい!日本酒に興味を持ってもらう、きっかけをつくることができるバイブルだ!と感じました。

001

さっそく、お酒を飲みなれない女性の友人に本を読んで感想をもらえるように頼みました。

普段は、梅酒やカクテルなど甘めのお酒を少し呑むというよりも舐めるだけ。
日本酒に至っては飲んだことがない。
そんな女性に、この本を紹介させて頂き、日本酒ガールのススメをさせて頂きました。

 002

友人が本を読んで得た印象を箇条書きで紹介します。

・かわいいイラストと文章が一緒でわかりやすい

・お酒の説明があって勉強になる(特に最初の説明とコラム)

・日本酒の美味しさの秘密は、水と米と自然!

・日本酒の歴史と一緒に学べる。

・酒蔵には、女の人や若い人が多いのに驚いた

・私もおちょこを集めたい。かわいいのがたくさんある。ラベルもかわいい。

・関西だけでもこんなに酒蔵があるなんて知らなかった。

・自分の地元や全国にはどんなお酒があるのだろうか。

・味も種類もこんなに多いなんて!初めての世界。

・酒蔵めぐりいいな。蔵を目指しても、旅のついででも。

・この本を読んで日本酒の歴史や背景を知れて酒蔵のまわりの風景、街並みなどにも興味が出てきた。

・次は実際に飲んで、自分だけの一本を見つけたい。

1番興味をもった酒蔵は、奈良県の今西清兵衛商店さん 「春鹿」
出会ったときっから恋に落ち…の一文にとても惹かれました。
初恋の味。私もこんなお酒に出会いたい!そして春が好きな私にはぴったりなのかな。飲んでみたい!

今西清兵衛商店:http://www.harushika.com/

 

本を読み終えた友人は、立派な日本酒ガールになっていました。

 

松浦さんの書かれる優しいイラストや文章から酒蔵のある風景や、蔵元・造り手のお酒に対する思いが伝わり、読み終わった後は自分も蔵さんぽに出かけよう!と素直に思える本になっています。

飲んで楽しむだけでなく、日本酒の知識や酒蔵ごとの仕込みの工程、歴史、酒蔵ってどんなところ?
という予備知識をこの本はやさしく教えてくれます。

 

日本酒について、ほんの少し知るだけで、お酒の世界はもっと広がるのではないでしょうか。
一杯のお酒の誕生に伴う、数々のストーリーを知り、造り手に思いを馳せながら日本酒を楽しんで頂ければと思います。

松浦すみれ
http://kyotosumire.jimdo.com/

日本酒ガールFacebookコミュニティ
https://www.facebook.com/nihonsyu.girl


コメントを残す