Home 映像 花からの贈り物、花酵母で醸した風味豊かなお酒が集結!第7回「花の宴」


第7回「花の宴」
平成26年8月7日(木)
京王プラザホテル 花C・D

花酵母(自然の花から分離した酵母)で醸す全国の清酒と焼酎・泡盛の蔵元16蔵が東京に集結。各蔵元自慢の花酵母のお酒を楽しむ会の取材映像です。

花酵母とは、東京農大花酵母研究会の中田 久保(ナカタヒサヤス)教授が、長年の研究を経て、自然界に咲く花々から様々な香味を醸し出す優良酵母を分離する事に成功しました。

20年続く研究により、実際にお酒として使われだして数10年の花酵母は、製品化されているのはまだ、14種類と決して多くはないが、これから研究がすすんでいくにつれ、日本酒をはじめとするお酒にとってなくてはならない存在となるポテンシャルを秘めている。

以下は花酵母のQ&A

<Q.花酵母って何ですか?>
A.自然の花からお酒を仕込む時に必要な酵母を分離したものです。

<Q.普通のお酒とどんなところが違いますか?>
A.一般的なお酒より、より特徴を持ったお酒に仕上がります。
酵母によって味が違うので、お酒による味の違いが分かりやすいのです。
お酒を発酵させる微生物の種類まで追求して、楽しむことができます。

<Q.花酵母の魅力は?>
A.酵母別に酒質が違うので、自分好みの花酵母を探したりもできます。

【参加蔵元】
《清酒》
天吹酒造・佐賀
李白酒造・島根
壺坂酒造・兵庫
長龍酒造・奈良
原田酒造場・岐阜
原酒造場・岐阜
武の井酒造・山梨
西飯田酒造店・長野
晴雲酒造・埼玉
来福酒造・茨城
白相酒造・栃木
奥の松酒造・福島
六歌仙・山形
天寿酒造・秋田
《焼酎・泡盛》
壱岐の蔵酒造・長崎
比嘉酒造・沖縄

 


コメントを残す