Home イベント 東京有楽町で開催【愛知の地酒を楽しむ会 in 宝】後編


前編ではイベントの模様をダイジェストにお伝えしました。
『東京有楽町で開催【愛知の地酒を楽しむ会 in 宝】前編』
http://www.sakagura-press.com/sake-attention/aichi-sake-takara01/

後編では、各酒蔵による自慢のお酒・蔵紹介です!
酒造りにかける熱い想い、地元愛が感じられます。

イベントに出展した5蔵を紹介します。
(※酒蔵名/氏名/所在地 の順となっています)

神杉酒造/杉本多起哉社長・野々垣高雄杜氏/愛知県安城市
文化2年(1805年)に豊田市で創業。その後、豊かな水が湧く安城へ。すべて安城の米と水が極上の地酒を造ります。

kamisugi

野々垣杜氏(写真左)は「脱・山田錦」の酒造りに取り組んでおり、地元の酒米「若水」「夢吟香」を積極的に使用しているそうです。安城市の農家さん9人と契約栽培をしています。消費者に愛知の酒米の素晴らしさを知ってもらい、その結果、愛知のお酒を知ってもらいたい、という地元愛に溢れる熱い想いが背景にあります。
「山廃純米 人生劇場」は濃い味の名古屋めしに合うように造られたお酒で、会場ではお燗にて参加者へ振る舞われました。

zinsei

出品酒:
特別純米無濾過生原酒
純米生酒 濁(Nigo)2nd
山廃純米 人生劇場
紅美酒(cremisi)
純米大吟醸 若水穂
あま酒
黒米のあま酒
夢吟香スペシャル
【神杉酒造ホームページ】
http://www.kamisugi.co.jp/

東春酒造/金谷弘樹営業担当/愛知県名古屋市
元治2年(1865年)創業。創業者の佐藤東兵衛が屋号を龍田屋とし、酒造りを始めました。特定名称酒のみを醸造します。

tousyun

しっかりとした味わいのお酒を中心に造ります。
「吟醸 和な」「純米大吟醸 東龍 玲瓏」は「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」で最高金賞を受賞し、「特別純米酒 龍田屋」は金賞を受賞しました。
東春酒造は名古屋の若手4蔵から結成される「ナゴヤクラウド」の一員で、日本酒で名古屋を盛り上げる活動をしています。入賞酒を造る東春酒造のお酒とナゴヤクラウドの今後の活動に注目です。

出品酒:
純米大吟醸 玲龍
東龍 純米吟醸
吟醸 和な
特別純米酒 龍田屋
山廃純米酒 佐藤東兵衛
本醸造 翔
【東春酒造ホームページ】
http://www.azumaryu.co.jp/
【ナゴヤクラウドFBページ】
https://www.facebook.com/nagoya.cloud/

金虎酒造/水野善文専務/愛知県名古屋市
弘化2年(1845年)創業。初代・大阪屋善兵衛が酒造りを始めて以来、代々越後杜氏の技を活かし、手作りを心がけた酒造りをしています。

kinntora

淡麗辛口のお酒造りをしていますが、味の濃い名古屋めしに負けない、立体感のあるお酒造りが1つのテーマとしています。東春酒造と同じく、「ナゴヤクラウド」の一員ででもあります。
一部銘柄ではラベルのデザインを一般公募し、デザインを採用しています。このデザインが大変人気があるそうです。
今年行われた全国新酒鑑評会では見事に「大吟醸 虎変」が金賞に輝きました。

出品酒:
金虎 純米
吟醸 名古屋城本丸御殿
純米吟醸 虎変
本醸造 金虎
大吟醸 虎変
きんとら梅酒
【金虎酒造ホームページ】
http://www.kintora.jp/

丸石醸造/片部州光製造部長/愛知県岡崎市
元禄3年(1690年)創業。東海道岡崎宿、東の入り口にて清酒「三河武士」の商いを始めました。

katabe

「二兎は僕が本気で造っているお酒」とお酒紹介の際に片部さんは胸を張りました。丸石醸造は「徳川家康」のイメージが強いですが、萬歳米という飯米からお酒造りに取り組むなど、片部さんは革新的な酒造りを目指します。他にも、女性が好みそうなリキュールも楽しめます。

出品酒:
大吟醸 徳川家康
純米吟醸 三河武士
純米大吟醸 二兎雄町48
純米吟醸 二兎山田錦55
純米 二兎山田錦65
純米 萬歳七割磨き
吟醸梅酒
魅惑のいちご
魅惑のもも
魅惑の柚子
【丸石醸造ホームページ】
http://www.014.co.jp/

原田酒造/原田晃宏代表社長/愛知県知多郡
安政2年(1855年)創業。創業者の原田徳右ヱ門から伝わる昔ながらの方法で終始一貫した心のこもった「手造り」をかたくなに受け継いでいます。

harada2

「特別純米 華名城」はカーネーションから取った酵母で造られたお酒で、名城大学の農学部とタイアップ商品です。
「純米吟醸 よき出逢いを」は地元の試飲会より本イベントの反応が遥かに良かったそうで、東京の消費者にアピールする手応えを掴んだようです。
愛知県知多郡にある原田酒造は中部国際空港の目の前にあり、日本を訪れる外国人に喜んで飲んでもらえる酒造りをしていきたいと考えています。

出品酒:
純米大吟醸 杜氏入魂
純米吟醸 吟雫
純米吟醸 よき出逢を
特別純米 衣が浦若水
特別純米 華名城
純米生道井 夏・生貯蔵酒
【原田酒造ホームページ】
http://www.ikujii.co.jp/

【開催概要】
愛知の地酒を楽しむ会 in 宝 Facebookページ:https://www.facebook.com/events/1172781266097511/

日時 : 平成28年5月28日(土) 18:00〜21:00(受付17:20〜)
場所 : 酒蔵レストラン宝(東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラムB1)
定員 : 80名
会費 : 7,000円(税込)
食事 : 立食ブッフェスタイル
主催:酒蔵レストラン宝
後援:日本酒学講師の会

【関連記事】
『【愛知の地酒を楽しむ会 in 宝】愛知の5酒蔵が集結!』
http://www.sakagura-press.com/sake/aichi0528/


コメントを残す