Home 映像 2015蔵出し映像 PART2!「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・フェア(香港国際美酒展)」


2015年11月5日(木)から7日(土)まで開催された第8回「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・フェア(香港国際美酒展)」の蔵出し映像です。

同イベントは、世界32カ国から1,000を超える企業が出展者となり、75の国と地域から20,000名のバイヤーと一般消費者30,000名が集まるアジア最大級の酒類展示商談会となりました。主催は香港貿易発展局(HKTDC)。香港は中国本土へワインを輸出する際に経由すると、ワインが非課税になることから中国本土の市場への貿易ハブとなっており、アジア酒類市場でも最重要拠点の一つです。

映像では、会場の様子と合わせて、各酒蔵さんの様子や、酒器、日本酒造組合の英語でのセミナーなどが紹介されています。
日本酒の事を世界に知ってもらおうという酒蔵や団体が積極的に現地のバイヤーと交流を持っている所が印象的でした。

ジェトロ・ジャパンパビリオンには、日本酒造組合中央会(9蔵)、独自出展蔵3蔵、輸出業者3社、焼酎蔵4蔵、ワイナリー4蔵、ウィスキー1醸造所、岐阜県の酒器が出展。これ以外に香港の地元業者や輸出業者を経由して12蔵程度、酒器1店が出展。ワイン等のお酒に引けをとらない程に日本酒ブースは大盛況でした。

また、和食、日本酒と合わせて、酒器の人気も上がって来ています。
今回、もっとも注目を集めた商品は、岐阜県多治見市の美濃焼でも有名な丸モ高木陶器。お酒を注いで時に小鳥のさえずりが聞こえる「うぐいす徳利」や、盃にお酒を入れると絵が浮かび上がる「のぞき盃」は、日本酒を香味に加えて、目と耳でも楽しませてくれます。海外バイヤーの目には魅力的に映っていたようでした。

image-1 image
【第8回「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・フェア(香港国際美酒展)」】
日時:2015年11月5日(木)から7日(土)
場所:香港コンベンショナル&エキシビションセンター
主催:香港貿易発展局(HKTDC)

関連記事はこちら
http://www.sakagura-press.com/sake/hkwinefair2015/


コメントを残す