Home 日本酒ニュース 【宮城】大崎の日本酒「伯楽星」、W杯公認酒に選定


AS20140619003304_comm
20日に日本対ギリシャ戦がおこなわれるサッカーW杯ブラジル大会の公認酒に、大崎市の日本酒「伯楽星(はくらくせい)」が選ばれた。蔵元は、東日本大震災で酒蔵が壊れ、川崎町で酒造りを再開。味をW杯仕様にした公認酒で、復活をアピールしている。

 「ここまで来るのは大変な道のりだった」。公認酒に選ばれた純米吟醸「伯楽星」をつくる新澤醸造店の5代目、新澤巌夫さん(39)は、震災以降の3年余りを振り返る。

記事の続きはコチラ


コメントを残す