Home 日本酒ニュース 日本酒とビールが遭遇したらこんなお酒が出来たよ

For the Sake of Ale


伝統的な方法で作られる日本酒と、モルトとホップの苦味が効くビール。


この醸造方法が違う2つのお酒が出会って造られたビール「For the Sake of Ale」がLAのブルワリーで限定販売。

sake2
9.2%とアルコール度数は高いのですが、ビールほど苦味がなくフルーティーなテイスト。ついついごくごく飲んでしまいそう。

もともとこのブルワリーの周辺はリトル・トウキョーと呼ばれ、日本文化が根付いている場所。その経緯もあり、日本の伝統的なお酒とビールを融合させてみようというチャレンジが実現されました。

現在この周辺は開発され、おしゃれな雑貨やレストランが並ぶエリアに。ここも、ぱっと見た感じはおしゃれなカフェのよう。通常のブルワリーとは違い、オーブンカフェのような開放的な空間。そして、外壁にはインパクトある大胆なペインティングが施されています。

sake1
目印のシンボルマークはLAダウンタウンのシティー・ホール(市庁)。

sake4
ブルワリー内には卓球台やジェンガなども用意され、仲間でワイワイできる“憩いの場”的存在。郊外のイメージが強いブルワリーですが、こんな町中にあるのもおもしろいですよね。

Angel City Brewery

出典:roomie(ルーミー)
http://www.roomie.jp/2015/01/226311/


コメントを残す