Home 日本酒ニュース 酒呑童子出現 燕で田んぼアート


酒呑童子

 

 新潟県燕市の吉田ふれあい広場近くの水田で、田んぼアートが見頃を迎えている。ことしは多彩な稲で描かれた伝説の鬼「酒呑童子(しゅてんどうじ)」が大きく浮かび上がっている。

 市やJAなどでつくる「市景観作物推進協議会」が企画してことしで8年目。毎秋、国上山周辺で行うイベント「酒呑童子行列」が10年目を迎えることから、絵柄に採用した。

 水田は縦53メートル、横74メートル。5月に市民らが田植えをし、コシヒカリと、紫や黄色などの古代米で描いた。水田そばの吉田ふれあい広場には高さ4・5メートルの見学台を設置し、31日まで高所から見ることができる。

 市農政課は「ことしの田んぼアートもいい色で仕上がったと思う。酒呑童子行列にも関心を持ってもらえたらうれしい」と話した。

見学台の利用時間は午前9時~午後5時。無料。

 

記事はコチラ


コメントを残す