Home 日本酒ニュース 驚異の発酵食品である甘酒!

甘酒

寒い季節ですが、皆様は、おかわりないでしょうか?
こんな寒い日は、甘酒を飲み、身体の芯から暖まりたいと思います。

今回は、無添加甘酒のプロデュースをしている「ドライフルーツ&ナッツ協会」さんに、
甘酒について、分かりやすく解説して頂きました。

脅威の発酵食品である甘酒!

甘酒(甘麹)は『飲む点滴』と呼ばれ、江戸時代から夏バテ防止として活用されていました。
理由は甘酒には、身体に優しい効能が驚くほどたくさんあるからなのです。

「ドライフルーツ&ナッツ協会」が、そっと分かりやすく解説してみました。


★How to choose Amazake ?

甘酒の製法には、2 種類があります。

1.米麹を発酵させて作る方法

2.酒かすを溶かし砂糖を加えた方法

ドライフルーツ&ナッツ協会では体に優しい砂糖・添加物不使用の食品を推奨しています。
そのため、断然1の無加糖甘酒をお奨めしています!

米麹で作られた甘酒は、米と麹を発酵させて作り、発酵の段階で自然の甘さが十分に出るので砂糖は必要ありません。
また、2の酒かすから作られた甘酒はアルコールが含まれるのに対し、1はノンアルコールなのでお子様でも安心!
栄養素が豊富なのも、米麹から作られた甘酒なのです。


★心と体に、おもてなし! 『飲む点滴』と呼ばれる理由は?

~ カラダに ~

ヒトの身体=約 20 億種類のアミノ酸から構成。
そのうちの9種類は、人間の身体でつくれず食事から摂るべきもの=「必須アミノ酸」です。
甘酒は、9種類すべてを網羅しており麹菌がもつ酵素により、身体に有用な成分がつくられています。
(例:システイン、アルギニン、グルタミンといったアミノ酸)


他にも葉酸、食物繊維といった栄養素が含まれており、点滴の栄養素とほぼ同一の内容である事から
『飲む点滴』と呼ばれるようになりました!


~ ココロに ~

必須アミノ酸のトリプトファン→神経物質セロトニンになります。
セロトニンは精神安定の効果をもたらします。
腸内環境を整える=自律神経を整えること → セロトニンの生成がされやすくなる。
精神的に楽になると予想されます。

★『飲む化粧水』 と呼ばれる理由は?
甘酒に美白・美髪効果が期待できる理由は、2つ。
まず、美肌成分「コウジ酸」です。
これは、美白化粧品にも入っている成分で、
シミ・くすみの原因となるチロシナーゼ活性&メラニン生成を抑える効果があります。
またコウジ酸は頭皮を若返らせ、美しい髪を作ると言われています。

2 つ目は、圧倒的なビタミン B のパワー。
甘酒には糖質・脂質・タンパク質の代謝に必要な『ビタミンB1』、皮膚や粘膜を保護してくれるビタミン B2 が豊富。
日頃から強い紫外線でダメージを受けている皮膚を活性化してくれる効果が期待できます。
とにかく、天然食品なので吸収率が 90%!サプリメントに頼らずに、胃腸に優しくお肌をサポートできることになります。


★甘くても、たったの 100g で 81kcal(カロリー)!
「甘いもの=太る」と思っていませんか?それは大きな誤解です!
甘酒の甘み= 米にふくまれるデンプン → 発酵・分解されてできた「ブドウ糖」。
食前に飲むと、適度な血糖値の上昇で、満腹中枢が刺激される=食べ過ぎ予防を期待できます。
そして、甘酒が目覚めの一杯に適しているといわれる理由も、この天然の糖分の力!

特にお酒を飲んだ翌朝などに起こりやすい低血糖などに効果があると言われています。
胃腸に優しいけれど、お米であることでの満腹感も同時に得られる。
そんな甘酒を空きっ腹や朝食を甘酒に替えてみてはいかがでしょう?


★善玉菌のエサ=(食物繊維)、(オリゴ糖)→腸内環境を整える
お通じがスムーズ
①体内に毒素を溜めない
②便秘からくるストレス、肌荒れも解消
③砂糖の代替甘味料

主な甘味成分


★甘酒の市場
メーカー年間出荷額:66億5千万円、年間消費量:1662ℓ(H25 予測・富士研究所調べ)
このように、今後も期待ができる甘酒。数多くの商品が今後も店頭に並んでいくでしょう。
皆様には体のために本当に良い品を選んで頂きたいです。

寒いシーズンですから、ちょっと甘酒もいかがでしょうか?

ドライフルーツ&ナッツ協会では、きちんと現場を検証し、自らの舌で吟味した甘酒だけをプロデュース、および販売代行をしております。
お気軽にご相談ください。


寄稿)ドライフルーツ&ナッツ協会
https://www.facebook.com/soshoku.college

 


コメントを残す