Home 日本酒ニュース 2016年度「59醸酒(ゴクジョウシュ)」のWeb先行予約開始!


和酒フェス実行委員会は信州59年醸造会と共同で、2016年度「59醸酒(ゴクジョウシュ)」の先行予約受付を、Peatix(ピーティクス)内の「2016年度59醸酒Web先行予約受付フォーム」で開始しました。
http://2016-59jo.peatix.com/
3月19日(土)に日テレタワー大屋根広場(東京都港区)で開催された『第3回 和酒フェス 東京@日テレ』では、長野県から「59醸(ゴクジョウ)」のメンバーが駆けつけ、自慢の酒を訪れた日本酒ファンへ振る舞いながら、酒造りの想いやお酒の説明を行い、交流を深めました。また、参加者に2016年度「59醸酒(ゴクジョウシュ)」先行予約受付を行ない、今回は、会場へ来られなかった方にもお申し込み頂けます。
長野県の酒米、同じ精米歩合の決まりのもとで、各蔵の個性を引き出したオリジナル日本酒をぜひ、この機会にお楽しみください。

59jo_washu

【59醸】参加酒蔵 角口酒造店 丸世酒造店 西飯田酒造店 東飯田酒造店 沓掛酒造  撮影場所:[email protected]

 

【59醸(ゴクジョウ)とは?】
信州59年醸造会、通称「59醸(ゴクジョウ)」とは、昭和59年度生まれの信州の5つの酒蔵の跡取りが、「長年に渡り親しまれてきた日本酒を1人でも多くの人に好きになってもらいたい。伝統ある酒文化を次の世代に継承していきたい。」という想いのもと結成されたユニットです。
結成、初年度となった2015年は、5蔵が長野県の酒米「美山錦(みやまにしき)」を「精米歩合59%」という決まりのもとで、5蔵が思い思いに仕込んだ「59醸酒」を発売。販売直後瞬く間に、話題となり即完売となりました。
2016年は「59楽(ゴクラク)」をテーマに、長野県の酒米「ひとごこち」を「精米歩合59%」で仕込んだ「59醸酒」を5月にリリースします。ひとごこちの言葉の意味「ほっと、くつろいだ感じ」のように“もっと肩の力を抜いて、もっと気軽に、もっと楽しんで好きになってもらえる酒「59楽(ゴクラク)」なお酒を醸します。
“極上” の酒を醸し、日本酒と人との”極上”の未来・文化をつくるために挑戦し続ける若き蔵元達の情熱のこもったお酒は、味も香りもおすすめの逸品です。
これからもリリースイベントの開催や精力的な活動を続け、日本酒の魅力をより多くの人に届ける59醸の活動に注目が集まることでしょう。

※ 59醸酒の内容は、映像でもご覧頂けます。 https://youtu.be/-gXqJ4Nrf1Y
※ 59醸酒は、頒布会、セット販売を合わせ合計240セットの限定販売となります。

過去記事:未来は、ゴクジョウだ。http://www.sakagura-press.com/sake/59jo20150415/

59raku

59醸酒、2016年度テーマは「59楽(ゴクラク)」

◆【北光正宗】角口酒造店(長野県・飯山市)
六代目 村松裕也(昭和59年7月31日 生)

今季のコンセプトが「59楽(Relax)」ということで、安易に甘口の酒に走らずに北光正宗らしく“辛口の酒”の中でリラックスを表現したいと思い設計しました。辛さを感じさせないドライな酒質を目指し、麹の作り方のパターンを変えて立体感のある味を持たせ、高級感のある穏やかな香りを得るために特別に酵母を選択。飲んでホッとリラックスできる超辛口の59醸の酒です。

◆ 【勢正宗】丸世酒造店(長野県・中野市)
五代目 関晋司(昭和59年10月21日 生)

丸世酒造店の酒造りの特徴としては、呑んだ瞬間に甘味を感じながら、喉越しにキレがあるお酒を目指しております。
創業当初より、もち米を使用した四段仕込を行っており、今回はその技術を応用して「ひとごこち」での四段仕込に取り組んでおります。
ひとごこちと四段仕込という新たな試みを行い、まろやかな味わいとキレのある59醸酒です。

◆ 【積善】西飯田酒造店(長野県・長野市)
九代目 飯田一基(昭和60年4月1日 生)

今期のコンセプトが心地よい、リラックスをふまえて、まず若者の取り込みをどうすべきか、日本酒を飲んでみたいと思わせる為に「椿の花酵母」を使用する事を選択しました。椿には、オイルやアロマにもあるようにリラックスできる効果があるので、椿の花酵母で仕込んだ清酒=心地よい気分になれると考えました。そういった酒質設計になるよう、やや甘めでふくらみのある、キレの良いほんのり酸が効いた酒質を目指しています。疲れがあるときに飲んでもらい癒されてほしいです。

◆ 【本老の松】東飯田酒造店(長野県・長野市)
六代目 飯田淳(昭和59年11月24日 生)

今年は「自然と隣にあるお酒」を目指し醸しました。酸度を抑え、より味わい深くするため酵母は協会10号酵母を使用しています。
ご友人やご家族または、お一人の時でもゆっくりと楽しい時間をこのお酒と共に楽しんでいただければと思います。

◆ 【福無量】沓掛酒造(長野県・上田市)
十八代目 沓掛正敏(昭和59年11月13日 生)

今回の福無量の59醸酒は、今まで福無量では使用したことのない酵母でチャレンジをします。
酸味をおさえ爽やかな香りがしつつ、福無量らしいしっかりとした旨味を楽しめる、そんな味わいのお酒を目指します。

 

59jo-2015sake

 

【59醸酒 商品概要】

商品名:(1) 2016年度『59醸酒』 &『純米酒』頒布会

商品内容:2016年度 『59醸酒』+『純米酒』の720ml×2本セットを5ヶ月間、毎月お届け。

※ 和酒フェスだけのオリジナル頒布会。59醸酒と共に各酒蔵の純米酒を毎月飲み比べできます。

販売価格:3,000円(720ml×2本) + 送料900円 + 税金 × 5回(頒布会形式)=毎月支払額4,212円

頒布会セット内容・配送月:
5月26日 ⇒ 角口酒造店 「59醸酒(北光正宗 )」+「北光正宗 純米酒」    720ml×2本
6月23日 ⇒ 丸世酒造店 「59醸酒(勢正宗)」  +「旭の出乃勢正宗 純米酒」 720ml×2本
7月21日 ⇒ 西飯田酒造店「59醸酒(積善)」   +「積善 純米酒」      720ml×2本
8月25日 ⇒ 東飯田酒造店「59醸酒(本老の松)」 +「本老の松 純」      720ml×2本
9月22日 ⇒ 沓掛酒造  「59醸酒(福無量)」  +「特別純米 郷の舞」    720ml×2本
※毎月第4木曜に発送いたします。

 

商品名:(2) 2016年度『59醸酒』 5本セット販売

商品内容:2016年度 『59醸酒』720ml×5本セットをお届け。

※ 信州の若き蔵元5人が醸す、2016年度『59醸酒』を5本セット一度で味わえます!

販売価格:7,500円(720ml×5本)+ 送料1,000円 + 税金 =お支払い総額9,180円

セット内容:
角口酒造店 「59醸酒(北光正宗 )」720ml
丸世酒造店 「59醸酒(勢正宗)」  720ml
西飯田酒造店「59醸酒(積善)」   720ml
東飯田酒造店「59醸酒(本老の松)」 720ml
沓掛酒造  「59醸酒(福無量)」  720ml  ※配送は、5月25日以降を予定しております。

 

お申込み:Peatix(ピーティクス)「2016年度59醸酒Web先行予約受付フォーム」よりお申込みください。

imagehttp://2016-59jo.peatix.com/

 

募集期間:平成28年3月20日(日)~3月31日(木)まで
(予約数が定数に達した場合は、受付を締め切らせて頂きます。)

注意事項:頒布会、セット販売をあわせて、限定240口での受注販売となります。
先着順での受付となりますので、お申し込みは、お早めにお願い致します。
お申し込み後のキャンセルや払い戻しの対応は、如何なる理由であっても一切対応致しません。
予め、ご了承頂けますようお願い致します。
毎月商品と一緒にお振り込み用紙を同梱致します。
指定の金融機関にてお支払いをお願い致します。

販 売 元:シーエムワン株式会社
住所:東京都中央区日本橋本町1-8-11-2F
TEL:03-6225-2977 / FAX:03-6800-3288

【59醸(ゴクジョウ)公式ページ】
59醸(ゴクジョウ):http://59jo.com/
59醸(ゴクジョウ)Facebookページ:https://www.facebook.com/shinshu59jo

 

59jo_201601


コメントを残す