Home 日本酒ニュース 5/20【IWC 2016「SAKE部門」審査会】神戸でメダル&トロフィー受賞酒発表会迫る


 

今年10周年を迎える、世界最大規模、且つ、もっとも影響力のあるワイン品評会IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)(本社 : 英国・ロンドン、 マネージング・ディレクター : アンドリュー・リード)の 「SAKE部門」のメダル&トロフィー受賞酒発表会が、2016年5月20日(金)兵庫県・生田神社会館で行われます。

メダル&トロフィー受賞酒発表会に先立ち、2016年5月16日(月)~ 18日(水)の3日間、日本有数の蔵所である兵庫県灘を舞台に、日本人と外国人半々からなる審査員の完全ブラインド・ティスティングによって、日本のみならず世界から集まった約1,200の銘柄がエントリーされて、審査されます。

審査会のカテゴリーは、普通酒、本醸造、純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒、吟醸、大吟醸、古酒、スパークリング酒の9部門に区分されています。
今年は10周年を記念し、10年間の最優秀蔵賞も選出されます。なおチャンピオン・サケは、9部門から選ばれた受賞酒の中からその年の最も評価が高かった一銘柄に授与され、2016年7月7日(木)にロンドンで発表される予定です。

酒蔵プレスは5月20日(金)の発表会を現地取材して、その結果を速報します。どうぞお楽しみください。

【IWC特集番組 兵庫県・サンテレビ提供】
https://www.youtube.com/watch?v=1R7JUm_u3jU

【IWC2016公式サイト】
https://www.iwc2016hyogo.com/


コメントを残す