Home 日本酒ニュース 【南部美人 特別純米酒】IWC2017で最高賞「チャンピョン・サケ」を受賞!


イギリス・ロンドンで行われたIWC(インターナショナル ワイン チャレンジ)2017の日本酒部門において、今年エントリーされた、海外産を含む390社から1245銘柄の中から「南部美人 特別純米酒」が最高賞「チャンピオン・サケ」を受賞しました。

「南部美人 特別純米酒」
nambubijin
https://www.nanbubijin.co.jp/sake/nihonshu/tokubetsu-junmai/tokubetsu_junmaishu/

IWC2017ヘは、海外産を含めて390社から9つの部門に合計1,245銘柄がエントリーされ、その中から、各部門の9つの第1位(トロフィー)の蔵元がロンドンの表彰式に集まり、その9つの第1位(トロフィー)の中から、たった1つだけがチャンピオンサケに選ばれます。1,245銘柄の中の唯一の1位(チャンピオン)、IWCのチャンピオン酒が世界一の日本酒と言われる理由です。

今回の「南部美人 特別純米酒」のテイスティングについては、IWCの公式WEBページにおいて
「リッチであるが、爽やかで、中程度のアロマの味わい。多少の花の風味とマシュマロの味わいを
伴ったような高品質の米。ドライで、中程度の重量感が長く続く」などと評されました。

▼IWC公式HP:http://www.internationalwinechallenge.com

IWC(インターナショナル ワイン チャレンジ)、「チャンピヨン・サケ」とは?

IWCは世界最大規模の最も影響力のあるワイン品評会です。英国のウィリアム・リード・ビジネス・メディア社が主催する世界的なワイン品評会で、今年で34回目。世界で最も洗練されたコンクールとして知られ、ワイン部門と日本酒部門があります。審査は厳格で、各メダル受賞のワインは少なくとも10人の審査員によって3回に分けてテイスティングされます。

そのなかで、2007年に誕生した日本酒を扱う「SAKE部門」はまさに日本酒の頂点を決めるコンテストです。SAKE部門は、9つのカテゴリーがあり、それぞれの1位を決めます。「チャンピオン・サケ」は、その9つカテゴリーの第1位(トロフィー)の中から、さらに、唯一の1位(チャンピオン)として選ばれたサケに贈られる栄誉ある称号です

<9カテゴリーとトロフィー受賞酒>
■純米酒の部 純米酒トロフィー:南部美人 特別純米(南部美人/岩手県)
■純米吟醸酒の部 純米吟醸トロフィー:純米吟醸 からはし 山田錦(ほまれ酒造/福島県)
■純米大吟醸の部 純米大吟醸トロフィー:金雀 40%(堀江酒場/山口県)
■本醸造酒の部 本醸造トロフィー:一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口(一ノ蔵/宮城県)
■吟醸酒の部 吟醸トロフィー:開運 吟醸 山田錦(土井酒造場/静岡県)
■大吟醸酒の部 大吟醸トロフィー:辯天 極上 大吟醸原酒 山田錦(後藤酒造店/山形県)
■古酒の部 古酒トロフィー:談山 貴醸酒 累醸酒(西内酒造・奈良県)
■スパークリングの部 スパークリングトロフィー:出羽桜 とび六(出羽桜酒造・山形県)
■普通酒の部 普通酒トロフィー:聖徳 別撰(聖徳銘醸・群馬県)

参照:IWC17′ メダル結果
http://www.sakesamurai.jp/iwc17_trophy.html


コメントを残す