Home イベント 10/21-22【第8回和酒フェス】ステージプログラムが決定!~「孤独のグルメ」の生演奏、日本酒の人気漫画『いっぽん!! 』原作者と蔵元の和酒対談も~


和酒フェス実行委員会は東急東横線・東京メトロ日比谷線の中目黒駅直結の中目黒GTタワー前広場(東京都目黒区)にて、10月21日(土)22日(日) に『第8回 和酒フェス in 中目黒』を、「深まる秋に冷やおろし、燗酒を楽しもう!」をテーマに開催します。季節を感じながら、和酒フェス史上最多の59蔵、200種類以上の和酒の利き酒と、会場メインステージで音楽、漫才、和酒セミナー等のプログラムが楽しめます。

program
初日のMCは和酒コーディネーター・酒サムライのあおい有紀さん。音楽の生演奏を、TVドラマ「孤独のグルメ」の劇伴音楽を手掛けるフクムラサトシさんと河野文彦さんのサックス&ギター「ピクリプ」が登場します。あの印象的なサウンドが中目黒に響き渡ります。

PickLips

また和酒トークセッションとして、日本酒を題材にした漫画『いっぽん!! ~しあわせの日本酒~』(集英社刊)の原作者であり、11月1日に日本酒に関するエッセイ『うまい日本酒をつくる人たち~酒屋万流』(草思社刊)を刊行する増田晶文さんが、蔵元との対談を行います。第1部は「桂月」の松本宗己社長と土佐の酒文化について、第2部では「花巴」の専務兼杜氏である橋本晃明さんと、室町時代の古き酒づくり「水酛」や、吉野杉&木桶プロジェクトを語ります。

書影1:2296-うまい日本酒をつくる人たち

2日目のMCは日本酒スタイリストの島田律子さん。音楽の生演奏を、篠笛の武田朋子さん(江戸囃子の指導者)と和太鼓の内藤哲郎さん(元鼓童)のデュオ「朋郎」(ともろう)が披露します。

0080

また和酒トークセッションは、日本酒学講師の会会長大越智華子さんと、第1部は「木戸泉」の蔵元杜氏、荘司勇人さんと対談。独特の製法「高温山廃酛仕込み」によるワインのように酸の多い日本酒「アフス」について、第2部では「賀茂鶴」の杜氏椋田茂さんと、広島の酒米と賀茂鶴酵母(協会5号酵母)で醸された「広島錦」について語ります。他にも、2日間に渡り日本酒専門漫才コンビ「にほんしゅ」が酒蔵紹介&漫才、ミス日本酒が会場を彩ります。和酒の深い知識とエンターテイメントを兼ね備えた出演陣による和酒文化の魅力あるステージを、旬の和酒を味わいつつお楽しみください。

girls

* 和酒:日本の風土と文化の中で造られた、人と人をつなぐお酒のこと。

【第8回 和酒フェス in 中目黒 開催概要】
日時:※各部入替え制
[初日]2017年10月21日(土)[2日目]10月22日(日)
 第1部(試飲会) 12:00~14:15(2H15M) 500名
 第2部(試飲会) 15:00~17:15(2H15M) 500名
定員:2,000人(予定)
場所:中目黒GTタワー前広場 (東京都目黒区上目黒2丁目1-1)
料金:各部 3,240円(前売り制、税込) / 当日券は未定
   ※ お料理はキャッシュオンにてご提供します。
主催:和酒フェス実行委員会  後援:観光庁
公式サイト: http://sakefes.com/
Facebook: https://www.facebook.com/washufes/
Twitter: https://twitter.com/sakefes/

【関連記事】
10/21・22【第8回和酒フェス】参加酒蔵決定!最多59蔵、200種類以上の和酒が集結!
http://www.sakagura-press.com/sake/washufes-nakameguro1710/
10/21・22【第8回 和酒フェス in 中目黒】和酒フェス史上最多50蔵以上、150種類以上の日本酒が集合!さらに15分拡大!
http://www.sakagura-press.com/sake/8th-washufes-nakameguro/
初の夏開催【第7回 和酒フェス in 中目黒】1,050名が夏酒、スパークリング日本酒で乾杯!
http://www.sakagura-press.com/sake/7th-washufes/


コメントを残す