Home STAFFブログ 第一回『 和酒フェス』に行ってきました!会場レポート


start

日本酒イベントに新しいスタイルが誕生!

汐留の日本テレビ、日テレタワーの大屋根広場で開催されたマルシェ(市場)スタイルの「和酒フェス」だ。第一回の今回は「秋の夜長をじっくり味わえる日本酒を選んでみよう!」をテーマに、全国から全17蔵から蔵元や蔵人が直接来場、また当日会場に来られない蔵を纏めて代表してきた酒蔵応援団(9蔵のお酒)と日本地酒協同組合(5蔵のお酒)が集まり、計106酒の銘柄を参加者はきき酒し楽しんだ。今回のテーマに合わせ、熱燗と日本酒カクテルの特別コーナーが設営された。マルシェだけに会場で気に入ったお酒を購入できる。入替え制2部構成で開催された会場は終始大賑わい。外国人観光客も含め当日券には一時、長蛇の列が出来た。酒サムライでフリーアナウンサーあおい有紀さん、日本酒スタイリストでタレントの島田律子さん、きき酒師でお笑い漫才コンビのにほんしゅ、和太鼓で大迫力の鼓絆(コハン)、そして2014ミス日本酒の森田真衣さんが出演。来月にも第二回、来年3月に第三回の開催が既に発表されている。今、日本酒マーケットで活躍されている錚々たる面々が集結したまさに記念すべき第一回の「和酒フェス」をリポートします。

opening

MCのあおいさんとにほんしゅ 第一回「和酒フェス」スタートです!

初回を飾った酒蔵は、日本を代表するナショナルブランドの大手酒蔵、世界にその名を轟かせる人気酒蔵、そして日本酒ファンを魅了する『甘・辛・酸・苦・渋』の五味五感を彩る地酒の蔵の数々でした。今日ここに来場する参加者に思いを馳せて用意した銘柄、自慢の銘柄、また市場の嗜好に合わせた最新作の銘柄が揃いました。会場は周囲に外国人が多く滞在するホテルや大手テレビ局のお膝元である立地に加え、マルシェなのでオープンエア。参加費を払っていない通りすがりの人もきき酒こそ出来ないが、各蔵の様子を覗いたり、販売店のお酒を購入することは可能なので会場は終始大賑わい!

今回参加の17蔵+酒蔵応援団の蔵はこちらから

酒蔵から絞ってまだ7日目、10日目という出来たてホヤホヤの新酒が多数出品されており、参加者には大好評! また、最近注目のカテゴリーの“Vintage”、“熟成酒”も多数ありました。また、「うちはこれ一筋」という一品や、和酒フェスの為に特別醸造されたお酒も… 最近発売されたばかりのアルミ缶入りの生原酒は出来たての旨さを損なわない本格派ファンをうならせる出来栄えで、デイリーに日本酒を楽しむファンを広げてくれる期待が出来そう。

今季最初の蔵出しを味比べできました。日本酒ファンにはたまりません!!

今季最初の蔵出しを味比べできました。日本酒ファンにはたまりません!!

コンビニで買える200mlがちょうどいいサイズ♪開発の方の熱い熱い情熱がつまったフレッシュな一本!

にごり酒一筋。保管して二層に分かれたら混ぜてもいいし、上澄みと下の部分に分けて飲んでもいいそうです。最近は海外のにごり酒普及にも力をいれているそうです。

にごり酒一筋。保管して二層に分かれたら混ぜてもいいし、上澄みと下の部分に分けて飲んでもいいそうです。最近は海外のにごり酒普及にも力をいれているそうです。

和酒フェス特別仕様も発見。飲みやすくてバランスのいい大吟醸。

 

今回のテーマに合わせ特別設営されたのは熱燗と日本酒カクテル

熱燗コーナーには各蔵からおススメの銘柄が並ぶ。秋の夜長をゆっくりと楽しむには熱燗が最高のお伴ですね。「こんなにいい銘柄いい日本酒を熱燗にするなんてもったいない~!」と参加者に声掛けられながら、次々に惜しみなく振る舞われていました。お燗には熱伝導もよく日本酒の味を殺さない錫製の酒器が使われていました。

熱燗をする酒の種類や熱する温度の違いで変化する絶妙な口当たりや香り、じんわりと浸みる味わいは日本酒の特筆すべき魅力と不思議。この日の気候、屋外、ベストマッチングでした!

大阪から錫製の酒器をもってこられた匠屋さん。ブースには若い女性をターゲットにした日本酒PRの美人プロモーターさんの姿も! 幾重にも重なっていた人垣。聞けば、かなりの日本酒上級者ばかり。流石です(笑)

大阪から錫製の酒器をもってこられた匠屋さん。ブースには若い女性をターゲットにした日本酒PRの美人プロモーターさんの姿も! 幾重にも重なっていた人垣。聞けば、かなりの日本酒上級者ばかり。流石です(笑)

日本酒カクテルコーナーには、なんと銀座のバーから本物のバーテンダーさんが新しい日本酒を使ったカクテルを提供くださった。まだまだ日本酒カクテルは馴染みが薄いもの。これを機会にどんなテイストになるのか、とにかく試したいという先取りの好奇心旺盛の日本酒ファンがここぞとばかりに列を成し、女性も多く、とにかく列が途切れることがなかった。純米酒とトニックソーダ、シトラスの香りとピールに緑茶のパウダーがアクセントのカクテル。軽やかな甘さとフルーティーさが優しく、シトラスと絶妙に調和して飲みやすい♪

バーテンダーさん。そのパフォーマンスも参加者の注目の的。ボトルは16角形。ワインのようなデザインでこれなら銀座のバーでも“浮かない”

バーテンダーさん。そのパフォーマンスも参加者の注目の的。ボトルは16角形。ワインのようなデザインでこれなら銀座のバーでも“浮かない”

酒蔵のテントがずらりと並ぶ中、日本酒と共にいただきたいほっこりなお料理は大人気。そしてなんとオリーブオイルを直接飲むと二日酔いが防げると日本酒との新しいお付き合い方を紹介してくれたお店も! またステージでは、日本文化と日本酒を世界に広める伝道師「酒サムライ」に叙任されているアナウンサーのあおい有紀さんが日本酒イベントにMCで登場!同時に、日本酒スタイリストで日本酒と美容や食事などテーマに数々のメディアに登場し、女性に日本酒の魅力を伝えファンを増やしているタレントの島田律子さんとの共演!!ミス日本酒の森田真衣さんが艶やかな振り袖で華を添えていらっしゃいました。 きき酒師でありながら漫才コンビの「にほんしゅ」が面白い日本酒ネタのトークで会場を盛り上げてくれました。また史上最強の和太鼓グループ鼓絆の熱い演奏を迫力に押されながらじっと聴き入る来場者の方々…。

 

ステージでは「日本酒美人に聞く!美容&健康のお酒セミナー」

ステージでは「日本酒美人に聞く!美容&健康のお酒セミナー」

にほんしゅとミス日本酒が会場を歩く!

にほんしゅとミス日本酒が会場を歩く!

nihonshu

漫才コンビにほんしゅさん。

鼓動 汐留の高層ビルに響き渡る和太鼓

鼓動 汐留の高層ビルに響き渡る和太鼓

最近の日本酒のボトルはどれもお洒落ですね。

最近の日本酒のボトルはどれもお洒落ですね。

 

酒蔵さんと交流してみんな本当に楽しそう!!

酒蔵さんと交流してみんな本当に楽しそう!!

みなさんいい笑顔!

みなさんいい笑顔!

日本酒ブームの中、日本酒ファンを魅了するイベントが益々増えていき「酒フェス」という言葉も身近になるような気がします。そんな中、この「和酒フェス」は洋酒ではなく、和酒は日本の酒という、日本の風土と文化の中で造られたお酒だというプライドをネーミングにしつつ、マルシェスタイルの親しみやすさがありました。これから日本酒ファンに定着していくイベントになっていきそうです。

文・ZOE(ゾーイ)

 

第2回 和酒フェス [email protected](土)に開催されます。
今回は、クリスマスや年末年始に飲みたい厳選日本酒が勢揃い!
ぜひ、ご参加ください。

厳選された新酒とお燗酒で特別な日を彩りませんか!
MerryXmas&HappyNewYaerを日本酒で乾杯!

和酒フェス公式サイト
http://sakefes.com/

 


コメントを残す