Home 酒蔵紹介 【出羽桜】出羽桜酒造株式会社


出羽桜酒造株式会社

山形県天童市 出羽桜酒造株式会社 代表銘柄:『出羽桜(でわざくら)』

蔵人

『酒蔵紹介』
1892年の創業以来、地元の蔵人が熟練の技で手造りの日本酒を醸しています。
長年にわたり吟醸酒を造り続けており、1980年には他社に先駆け「桜花吟醸酒」の販売を始めました。
品質の高さと手に届く価格設定が多くの方に認められ、その後の吟醸ブームを牽引してきたと自負しております。世代を越えて継承された吟醸造りの技術が、出羽桜の最大の特徴であるフルーティーで華やかな香りと味わいを支えているのです。
「日本酒」「吟醸酒」を通して日本の奥深さや楽しさを伝え、「GINJO」を世界の共通語にしたいとの想いから、1997年より輸出を開始しました。現在では25カ国以上に販路が広がっております。
弊社は「挑戦と変革」を経営理念に掲げて、酒造美学の新しい表現方法を追及しています。
これまで、低温でお酒を長期寝かせた熟成酒、スパークリング酒、ワインの発酵技術であるマロラクティック発酵を応用した日本酒、アルミ缶入り酒など、新しい日本酒の楽しみ方を提案してきました。
また、自分たちの酒造りを振り返るべく、国内外の鑑評会や品評会にも多く出品をし、数々の賞を受賞しています。これからも、皆様に愛される日本酒を醸していけるよう、絶えず変化を続けたいと思っております。

20100215-_MG_0144

 

『今期の酒造りの近況について』

消費者のニーズが多様化するなかで、常にそのご要望にお応えできるよう、新しい酵母や米、製造技術を駆使して積極的に新商品開発に取り組んでいます。昨年山形県の酒造好適米としてデビューした「雪女神」を使ったお酒も仕込んでおり、搾りが待ち遠しいです。

『イベントへお越し頂くお客様への一言』
イギリスの酒類コンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」で
2008年の「純米大吟醸 一路」に続き、2016年に「純米酒 出羽の里」が世界一である
「チャンピオン・サケ」に輝きました。初の2冠受賞蔵「出羽桜」を是非お楽しみ下さい!

 

■出羽桜酒造株式会社 http://www.dewazakura.co.jp/
■Facebook http://www.facebook.com/DewazakuraSakeBrewery/
■Instagram   http://www.instagram.com/dewazakura_sake/

■酒蔵のご当地情報(山形県天童市)http://www.city.tendo.yamagata.jp/


コメントを残す