Home 酒蔵紹介 【徳正宗】萩原酒造株式会社


萩原酒造株式会社

茨城県猿島郡境町 萩原酒造株式会社 代表銘柄:『徳正宗(とくまさむね)』


『酒蔵紹介』
境町は、利根川を挟んで千葉県の関宿町(現在・野田市)と対面しており、利根川流域の恵まれた水利を生かして室町時代から交通の要所として栄えました。当社が酒造りを始めたのは、安政2年(1855年)初代藤右衛門から現在で6代目となります。清酒「徳正宗(とくまさむね)」は、「興至れば酒を酌み、興さめればそれを補う、人生の哀歓とともに、酒ありてそれを酒徳という」から命名いたしました。

『現在の酒造りの近況について』
近年は日本酒離れが進み、菓子や化粧品といった酒以外の方向を模索する酒蔵も多くなって参りました。その中でも萩原酒造は昔ながらの酒蔵を守り、品質の良い美味しい日本酒を届けたいと願っております。時代が変わり、酒の飲み方にも変化が訪れていますが、伝統を守りつつもお客様から新しいと言っていただけるよう、挑戦する心を忘れない熱い酒蔵でありたいと思います。

『お客様への一言』
萩原酒造は近年世代交代をし、経営者自ら造りに携わっています。日本酒をいままで飲んだことのない若者でも飲めるような低アルコール商品を開発したりと新しい試みをしています。茨城県はあんまり日本酒のイメージはないと思われますが、関東で一番酒蔵の数がある県ですので、今回のイベントで茨城県の日本酒を好きになってもらえればと思います。


■萩原酒造株式会社
http://www.tokumasamune.com
■Facebook
https://t.co/PijzylT3Cp
■Twitter
https://twitter.com/hagiwara_syuzo
■酒蔵のご当地情報

http://www.town.sakai.ibaraki.jp/page/dir000005.html


コメントを残す