Home 酒蔵紹介 【廣喜】廣田酒造店


廣田酒造店

岩手県紫波郡紫波町 廣田酒造店 代表銘柄:『廣喜(ひろき)』

 『酒蔵紹介、現在の酒造りの近況について』
『廣田酒造店』の創業は明治36年12月。初代・廣田喜平治がこの地で当時評判だった造り酒屋を譲り受け、戦後以降『廣田酒造店』として今日まで酒造りを続けています。地域・地元の祭、祝い事を始め多くの酒席に花を添える一献として「廣く多くの人々に喜ばれる酒」として生まれた『廣喜(ひろき)』は当蔵を代表する銘柄として親しまれています。 日本酒造り・米づくりの命とも言える水。この地域では「水分(みずわけ)神社」の湧き水が生活水として使われ、「美味しい」と評判のこの水を遠方から汲みに来る人で列が出来るほどです。この大地の恵に感謝しながら、南部杜氏伝承の『技と心』で皆様に『岩手・紫波』の四季と、蔵人たちの思いをお伝えできればと一本一本を大切に醸しております。 現在弊蔵では新しい酒造り、『酸基醴酛』による酒造りで“米の味わいの追求”を始めています。『冷でおにぎり、燗で炊き立てのご飯』の味わいを楽しめる酒造りです。 米の持つ、いくら食べても飽きの来ないほっとする味わい。ご飯のように当たり前に食卓に上っているような、『真の食中酒』を目指して挑戦を続けていきたいと思っています。

『郷酒大賞出品酒について』
結の香商品画像

『廣喜 純米大吟醸 結の香』(日本酒部門)
蔵の裏の田んぼで育った岩手県酒造好適米「結の香」を40%まで磨き上げ醸した純米大吟醸酒。地元の伏流水の柔らかさ、岩手県オリジナル酵母「ジョバンニの調べ」の華やかな香りと、透明感のある旨さ。紫波・廣喜ならではの美酒です。

『郷酒フェスタへお越し頂く お客様へのメッセージ 』
一緒に郷酒を楽しめることを楽しみにしています。 廣喜をぜひ、一度お試しください。

■廣田酒造店:http://hiroki.xm.shopserve.jp/
■酒蔵のご当地情報(岩手県紫波郡紫波町):http://www.shiwa-kanko.jp/


コメントを残す