Home 酒蔵紹介 【稲村屋・菊乃井】株式会社鳴海醸造店


株式会社鳴海醸造店

青森県石黒市 株式会社鳴海醸造店 代表銘柄:『稲村屋(いなむらや)』『菊乃井(きくのい)』

 『酒蔵紹介、現在の酒造りの近況について』
鳴海醸造店は、江戸時代後期の文化三年(1806)創業以来、七代にわたって酒を造り続けてきました。平成10年には黒石市の文化財に指定され、平成17年には、伝統的建造物群の街並みに指定されました。 水は八甲田山系の伏流水を使用し職人が丹精こめた、他ではない青森県の酒造りにこだわっています。寒造りに拘り、自然の冷気を利用して水や蒸米を冷やしています。米は青森県の「華吹雪」「華想い」「華さやか」などをお酒にあった用途で使用しています。 また、酵母は、「まほろば吟」「まほろば醇」「まほろば華」など青森県産のものを使用しています。新しい事に取り組みつつも、伝統の味を守りつつお客様に喜ばれる酒造りに精進していきたいと思います。

『郷酒大賞出品酒について』
nj0004
『菊乃井 大吟醸』(日本酒部門)
酒米は青森県の酒造好適米「華想い」を使用。「山田錦」と「華想い」の掛け合わせにより生まれた北国の酒にふさわしい酒造好適米です。高精白向きの米で、玄米100に対し40まで磨いても胴割れが起こりにくいのが特色。
しかし、きわめて硬い米であるため、その素材の良さを引き出すことが難しく、三年の年月をかけて研究し、ようやく香り高く、かつ口当たりの良いお酒ができあがりました。
米、酵母、水、蔵人の技ともにすべてが青森県産。ここに鳴海醸造店、最高の自信作としてお届けいたします。
金賞受賞蔵の技術の粋をご堪能ください。 

『郷酒フェスタへお越し頂く お客様へのメッセージ 』
郷酒は、初回から連続して出店しております。杜氏兼社長をしている鳴海です。ぜひ、本州最北端の青森県のお酒をご賞味ください。

■株式会社鳴海醸造店:http://www.applet1181.jp/kikunoi/index.html
■酒蔵のご当地情報(青森県黒石市):http://kuroishi.or.jp/


コメントを残す