Home 酒蔵紹介 【国士無双】高砂酒造株式会社


高砂酒造株式会社

北海道旭川市 高砂酒造株式会社 代表銘柄:『国士無双(こくしむそう)』

 『酒蔵紹介、現在の酒造りの近況について』
髙砂酒造の前身である小檜山酒造店が創業したのは、開拓時代も終わりに近づく1899年。それ以来、厳寒の地・旭川で一世紀以上にわたり酒を造り続けて参りました。1926年年には「全国鑑評会」で見事、北海道初の一等賞を受賞。近年では、辛口清酒『国士無双』や雪中にお酒を埋めて低温熟成貯蔵する雪中貯蔵酒など、北海道大雪山系の伏流水を使用した銘酒を生みだしてまいりました。平成に入り北海道の酒造好適米「吟風(ぎんぷう)」、「彗星」、「きたしずく」が次々と誕生し、北海道の酒事情は大きく変化を遂げました。地元北海道の酒米で醸す蔵元が増え、弊社では現在約7割が北海道産米を使用しております。また2016年には蔵の若手による将来のレギュラー化を目指したチャレンジタンク1本を醸造する商品開発プロジェクト「KURA Challenge」が始動し、お酒離れが進む若い世代に楽しんでもらえる日本酒を目指し挑戦しております。

『郷酒大賞出品酒について』
純米吟醸えぞ熊
『えぞ乃熊 純米吟醸酒』(日本酒部門)
北海道産酒造好適米「きたしずく」を55%まで磨き上げ醸した純米吟醸酒。 カスタードクリームのようなしっとりとした香りとネクター飲料のような粘り感のある甘味が適度な酸味によって引き締めてくれる、まさに“北海道スイーツ”を想わせる純米吟醸酒です。本州の方とっては北海道の地酒に対してイメージが低く、呑んだ経験も少ないという事で、なんとかイメージを払拭できればと東京の専門店を中心にアドバイスを頂きながら誕生した渾身の純米吟醸酒です。

『郷酒フェスタへお越し頂く お客様へのメッセージ 』
地元北海道の酒米で醸した味わい豊かな地酒を取り揃えました。 また今回初めて梅酒もご用意致しましたので是非お立ち寄りください。

■髙砂酒造株式会社:http://www.takasagoshuzo.com/
■Facebook:https://www.facebook.com/takasagoshuzo.sake/
■酒蔵のご当地情報(北海道旭川市):http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kankou/


コメントを残す