Home 酒蔵紹介 【米鶴】米鶴酒造株式会社


米鶴酒造株式会社

山形県 米鶴酒造株式会社 代表銘柄:『米鶴(よねつる)』

yonetsuru1

『酒蔵紹介』
創業1704年。 豊かに実った米の姿や鶴の立ち姿がお辞儀に例えられることにちなんだ、感謝を伝える酒。 88羽の鶴が末広がりに舞う、縁起の良い酒。それが米鶴(よねつる)の由来であり、酒の意味するところです。 1956年から金賞受賞を公表している全国新酒鑑評会で通算33回の金賞受賞。その他各種日本酒コンテストでの受賞数は130を超えます。下のクラスから上のクラスまで幅広い価格帯の様々な商品で受賞を重ねており、すべてのクラスの商品でお客様に美味しさを提供できるように心がけています。 1983年から地元農家と協力し、酒米栽培から手がけた地元の米を使用して世界に誇れる酒造りを目指しています。その成果として、平成5年には米鶴蔵人が名品種「亀の尾」を選抜育成し、酒造好適米「亀粋(きっすい)」として農水省登録を果たしています。過疎化が進む山形県の山奥で地方創生に取り組む蔵元として、たくさんの方から応援していただける蔵元を目指しています。

『現在の酒造りの近況について』
山形県の日本酒製造への取り組みは、他の蔵元と積極的に技術交流を行うことで、個々の蔵元の技術を高めてきました。今でも全国の著名な蔵元の杜氏を講師として迎えて交流を深めることで、常に最先端の技術を取り入れています。

『和酒フェスへお越し頂くお客様への一言』
「感謝を伝える酒・よねつる」と覚えてくださいね。

■米鶴酒造株式会社
http://yonetsuru.com/

■Facebook
https://www.facebook.com/yonetsuru

■酒蔵のご当地情報(山形県東置賜郡高畑町)
http://takahata.info/


コメントを残す