~神奈川の屋根丹沢の懐、全国銘水100撰の地、秦野より音楽を聴いたお酒を~【白笹鼓、笹の露、モーツァルト】金井酒造店-神奈川

2022/1/25

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第83回目の当記事では、神奈川県秦野市(かながわけんはだのし)の株式会社金井酒造店(かねいしゅぞうてん)を特集します。 従来の酒造りを一新 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 明治元年(1868年)に創業しました。 四代目蔵元佐野秀郎は、従来の酒造りを一新すべく、杉山晋朔氏(東大醸造学教授)の指導のもと杜氏に越後杜氏木曽久平を起用、現金井酒造店の礎を築き、人々が商売繁盛や豊作を祈願した「白笹稲荷」にちなんだ ...

ReadMore

~雄町の未来は御前酒が醸す~【美作、1859、菩提酛にごり酒 】辻本店-岡山県

2022/1/21

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第82回目の当記事では、岡山県真庭市 (おかやまけんまにわし)の株式会社辻本店(つじほんてん)を特集します。 雄町の未来は御前酒が醸す ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 文化元年(1804年)現在地の岡山県真庭市にて創業しました。 美作勝山藩(みまさかかつやまはん)御用達の献上酒として「御前酒」の銘を受けました。現蔵元の七代目辻総一郎の実姉である辻麻衣子が平成19年より杜氏を担っています。 「雄町の未来は ...

ReadMore

全世代で今まで心が震えた・感動したことがあるお酒 NO.1 は「日本酒」

2022/1/20

日本酒業界最大の団体で、全国 1,691 の蔵元が所属する日本酒造組合中央会(以下:中央会)は、21年 12 月、普段からお酒を嗜む全国 5,422 人を対象に「日本酒に関する意識調査」を実施しました。本調査では、近年じわじわと日本酒の人気が高まりつつある 20 代-30 代の若者層に向け、より日本酒と共に豊かな時間を楽しんでいただけるよう、他年代との意識を比較しながら若者層と日本酒の関係を紐解いていきます。 調査結果トピックス 【21 年度のお酒の嗜み方事情】●半数以上が、‟一人” でお酒を楽しむ時代! ...

ReadMore

〜米作りから酒造りまで一貫した真の地酒造り〜【酒一筋、赤磐雄町®】利守酒造-岡山県

2022/1/20

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第81回目の当記事では、岡山県赤磐市(おかやまけんあかいわし)の利守酒造(としもりしゅぞう)株式会社を特集します。 地の米・地の水・地の気候と風土で醸す、酒造り ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 利守酒造は、岡山県の南東部、赤磐市西軽部(にしかるべ)にあります。この地は、昔から最も質の高い「雄町米」が育つ場所として知られていました。 農業の近代化とともにいつしか幻となっていた「雄町」の復活に立ち上がったの ...

ReadMore

大寒の日は甘酒の日、1月20日は甘酒で温まろう!

2022/1/20

大寒(だいかん)の日は一年で最も寒さが厳しくなる時期です。その大寒の日に身体を内から温め、疲れや心を癒す飲み物として長い間親しまれているのが甘酒。「大寒の日は甘酒の日」と制定したのは森永製菓株式会社で、日本記念日協会にも認定されています。「大寒」と「甘酒」はセットで覚えちゃいましょう。大寒の日と甘酒の日について解説します! 大寒の日 酒蔵プレス編集部大寒の日は一年で最も寒さが厳しいといわれる日で、毎年1月20日前後にあたります。一年のなかで最低気温の記録が多いのもこの頃です。 大寒の日とは(二十四節気) ...

ReadMore

~酒は人ありき…地元の蔵人達が伝統手造りによる「技と心」で、米の味と香りのする酒造り~【稲里】磯蔵酒造-茨城県

2022/1/19

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第80回目の当記事では、茨城県笠間市(いばらきけんかさまし)の磯蔵酒造(いそくらしゅぞう)有限会社を特集します。 田んぼだらけの町で自分たちで育てた酒米で造る酒 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。「稲田」という田んぼだらけの町で、自分たちで育てた酒米と、地元のみかげ石の岩盤から滲み出た「石透水」を使い、たくさんの皆さんとの関わり合いの中、地元の蔵人達が伝統手造りによる「技と心」で、米の味と香りのする「ライス ...

ReadMore

〜富士山伏流水で醸す飲み飽きしない酒造り〜【甲斐の開運、北麓、冨麓、雪解流、大雄峰】井出醸造店-山梨県

2022/1/18

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第79回目の当記事では、山梨県南都留郡(やまなしけんみなみつるぐん)の井出醸造店(いでじょうぞうてん)を特集します。 冷涼な富士北麓の気候と、豊かな清冽な水でつくる清酒 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 「甲斐の開運」醸造元井出醸造店は江戸中期(1700年頃)に始めた醤油醸造が前身です。江戸末期(1850年頃)に、当家十六代の井出與五右衞門が、標高850mの冷涼な富士北麓の気候と、豊かな清冽な水に着目し、 ...

ReadMore

アイドルから酒屋への転身!日本酒専門オンライン酒屋「ゆい酒店」開業とオリジナル日本酒の開発

2022/1/18

株式会社ゆい酒店(所在地:東京都台東区、代表取締役:高野祐衣)は、元NMB48高野祐衣の「日本酒の美味しさ・奥深さを伝え、日本酒を通して”感動を提供する場所”を作りたい」という想いから、「ゆい酒店」プロジェクトを始動いたしました。 更に、高野が日本酒の世界にのめり込むきっかけともなった、新潟県柏崎市の酒蔵「阿部酒造」と協働し、【阿部酒造×ゆい酒店】オリジナル日本酒の開発もスタート!幅広い世代の方に長く愛される"飲んだ瞬間から美味しい日本酒"を造るべく、高野自身も酒造りに参加させていただいております。 オリ ...

ReadMore

~大正4年創業・八丈島最古の焼酎蔵~【江戸酎】八丈島酒造-東京都

2022/1/17

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第78回目の当記事では、東京都八丈島(とうきょうとはちじょうじま)の八丈島酒造(はちじょうじましゅぞう)合名会社を特集します。 大正4年創業の現在100年以上になる焼酎の蔵元 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 大正4年創業の現在100年以上になる焼酎の蔵元です。現在杜氏は3代目で、4代目とともに焼酎造りに励んでおります。 八丈島の焼酎の歴史は、1606年に最初の流罪人が流され、1881年に全員放免になるま ...

ReadMore

〜人 自然 時を結ぶために挑む変革への道のり〜【真澄、MIYASAKA】宮坂醸造-長野県

2022/1/16

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第77回目の当記事では、長野県諏訪市(ながのけんすわし)の宮坂醸造(みやさかじょうぞう)株式会社を特集します。 優良な清酒酵母として知られる七号酵母発祥の酒蔵 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 諏訪大社のご宝鏡を酒名に戴く真澄は寛文二年(1662)創業。清冽な水と冷涼な気候に恵まれた信州諏訪で酒を醸してきました。 優良な清酒酵母として知られる七号酵母発祥の酒蔵として、その個性を活かした食中酒づくりを目指し ...

ReadMore

Translate »

© 2022 酒蔵プレス