自著

sawanotsuru1

「灘の一地酒でありたい」沢の鶴14代目が自著

「大手であっても、灘の一地酒でありたい」――。大手酒造メーカー「沢の鶴」(神戸市灘区)14代目、西村隆治社長(69)が自著「灘の蔵元三百年 国酒・日本酒の謎に迫る」(径書房、税別1700円)を出した。 ...

2014/8/8

Translate »

© 2021 酒蔵プレス