~酒は力の泉~【明乃鶴】力泉酒造-福井県

2022/8/12

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第121回目の当記事では、福井県福井市(ふくいけんふくいし)の力泉酒造(りきせんしゅぞう)有限会社を特集します。 のどかな田舎町にある創業110年を超える力泉酒造 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 当社は1904年創業で、現在5代目です。場所は、福井市中心部から10kmほど海に向かったところにある、のどかな田舎町です。 秋には東京ドーム約4個分の広さのコスモスが咲き乱れるコスモス公園があります。また、海が ...

ReadMore

2022年上半期(1~6月)で過去最高の輸出金額を達成。総額約233億円(昨対比 133.7% )、2022年も最高額の更新可能!

2022/8/9

全国約1,700の酒類(日本酒、本格焼酎・泡盛、本みりん)メーカーが所属する日本酒業界最大の団体である日本酒造組合中央会(以下、中央会)では、2022年度上半期(1~6月)の日本酒輸出総額を発表します。 通年ではなく、上半期で区切って数字を発表するのは初めての取り組みであると同時に、金額・数量とも堅調に伸びていることから、通年の輸出総額の着地も好調であると予想されます。 本文内の単位は数量ベースではキロリットル・%、金額ベースでは百万円・% 輸出実績推移トピックス 【全体】●1~6月で過去最高の輸出金額を ...

ReadMore

国内外で受賞歴のある日本酒を小容量で楽しめるアルミ缶ブランド「KURA ONE コレクション」21銘柄の先行発売開始!

2022/8/5

アイディーテンジャパン株式会社は、2022年8月3日より、小容量 (180mL) × アルミ缶 × デジタルツール x ストーリーの日本酒ブランド「KURA ONE」の先行販売を開始しました。 小容量アルミ缶ブランド「KURA ONE」とは? 「KURA ONE」は、日本の地域産品を世界へ向けてブランディングするアイディーテンジャパン株式会社が新しく手がける180mLのアルミ缶入り日本酒ブランドです。KURA ONEは、世界のアルコール市場における日本酒のブランド化と、小さな酒蔵が醸す個性のある日本酒を国 ...

ReadMore

9代目のMiss SAKEに、滋賀代表 磯部里紗さんに決定!

2022/7/8

「2022 Miss SAKE Japan 最終選考会」が、7月4日(月)にウェスティン都ホテル京都で開催されました。Miss SAKEは、伝統ある日本酒と日本文化の魅力を日本国内外に発信する美意識と知性を身につけたアンバサダーです。 『2022 Miss SAKE Japan』グランプリは滋賀代表 磯部 里紗さんに決定しました。 グランプリ ・滋賀 磯部 里紗 準グランプリ ・東京 川上 千晶・神奈川 横田 早紀 審査員特別賞 ・北海道 今原 ゆきの オーディエンス賞 ・岐阜 岡崎 陽子 地域貢献特別賞 ...

ReadMore

【取材レポ】第16回フェミナリーズ世界ワインコンクール表彰式&試飲会 & SAKE女の会6周年記念イベント

2022/7/6

世界の女性ワイン専門家が厳正審査する「第16回フェミナリーズ世界ワインコンクール2022」で入賞しました、日本ワイン、日本リキュール、日本酒、日本産蒸留酒を堪能できるイベントが6月28日(火)夕刻に、九段下の歴史のあるkudan houseで開催されました。 フェミナリーズ世界ワインコンクールは、世界の女性ソムリエ、女性醸造家、女性ワインジャーナリスト、女性シェフなど、女性のワイン専門家が厳正なブラインド審査を行うことで広く知られています。 2022年4月6日(水)~8日(金)にかけてフランス、パリにて審 ...

ReadMore

~山田錦の一大生産地、三木市のテロワールを活かした酒蔵~【酒壺、山田錦しずく、大吟古酒】稲見酒造-兵庫県

2022/7/1

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第120回目の当記事では、兵庫県三木市(ひょうごけんみきし)の稲見酒造(いなみしゅぞう)株式会社を特集します。 盆地特有の冬場の朝の厳しい冷え込みの風土に恵まれた地域にある酒蔵 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 日本酒の最高原材料「山田錦」の一大生産地、三木市に位置する酒蔵です。明治22年(1889)に創業し、盆地特有の冬場の朝の厳しい冷え込みという酒造りには恵まれた風土の中で醸され、地酒メーカーとして本 ...

ReadMore

~係数管理と官能的判断を組み合わせた品質管理~【三千盛】三千盛-岐阜県

2022/6/24

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第119回目の当記事では、岐阜県多治見市(ぎふけんたじみし)の株式会社三千盛(みちさかり)を特集します。 ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 江戸後期の安永年間(1772〜1780)に初代水野鐵治が開業し、現在、私(水野鉄治)で6代となります。 先代である水野高吉(父)は次男であったため鐵治を襲名せず(長男である父の兄は鐵一といい、サイパンで戦死)、昭和30年6月30日私が長男として生まれた時「鉄治」と命名 ...

ReadMore

どぶろくブルワリーパブが東京都中央区の日本橋兜町にオープン!

2022/6/24

平和酒蔵(和歌山県海南市)は、2022年6月17日(金)に東京・日本橋兜町にどぶろくブルワリーパブ形式の店舗として「平和どぶろく兜町醸造所」をオープンしました。 平和酒造について 平和酒造は、日本酒「紀土」、リキュール「鶴梅」、クラフトビール「平和クラフト」を醸造しています。そして、次に挑むのが「どぶろく」醸造。 店舗で醸造したできたてのどぶろくを楽しめるのはもちろん、和歌山の名産品をふんだんに使用したバーフードも提供します。杜氏をはじめとする醸造家たちが自ら店舗に立ち、お酒の魅力を感じながら、フードとの ...

ReadMore

3年ぶりに「全国日本酒フェア」と「公開きき酒会」が東京国際フォーラムで開催!

2022/6/23

全国約1700の酒類メーカーが所属する日本酒造組合中央会は6月17日(金)と18日(土)の2日間、3年ぶりの会場開催となる「日本酒フェア2022」を東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催されました。 「日本酒フェア2022」は「令和3年全国新酒鑑評会 公開きき酒会」と「第14回全国日本酒フェア」で構成されています。 公開きき酒会では、110回の歴史をもつ全国新酒鑑評会で金賞を受賞した日本酒約230点を一般消費者が楽しめる唯一の機会として日本酒ファンから根強い人気があります。 全国日本酒フェアでは、沖縄と鹿 ...

ReadMore

~地域と共に、伝統と文化をつなぐ~【今錦、年輪、おたまじゃくし、中川村のたま子】米澤酒造-長野県

2022/6/17

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第118回目の当記事では、長野県上伊那郡(ながのけんかみいなぐん)の米澤酒造(よねざわしゅぞう)株式会社を特集します。 南アルプスの麓の自然環境と良質の水で行う丁寧な酒造り ―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。 明治40年、南信州のほぼ中央にある中川村で創業しました。地域に親しまれ、南アルプスの麓の自然環境と良質の水に恵まれた土地で地元の酒米を使用した酒造りを行ってきました。縁あって平成26年にかんてんぱぱグ ...

ReadMore

Translate »

© 2022 酒蔵プレス