映像

第49回 日本酒文化を楽しむ会「山頭火」


戦前の俳人、種田山頭火ゆかりの酒蔵金光酒造の東京ではなかなか味わうことの山口県の地酒を楽しめる第49回 日本酒文化を楽しむ会の様子を撮影した映像です。

金光酒造は山頭火ゆかりの蔵ということから、山頭火にちなんだ酒を造ってくれないかと頼まれます。それを受けた蔵元が5年間をかけ昭和54年に「山頭火」の商標を獲得。
現在は山頭火ブランドを中心に、年間約350石の酒を造っています。
イベントでは、日本一の女流紙芝居師さるびあ亭かーこさんによる種田山頭火の生涯とお酒にまつわる自由律俳句を紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
アバター

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-映像

Translate »

© 2021 酒蔵プレス