Home 日本酒ニュース 泡がシュワ~ッ。「スパークリング清酒」が大人気な理由


スパークリング清酒1

夏の夜、恋人やお友達とすっきり爽やかなお酒を飲むなら、何を選びますか?

 今トレンドなのは、ズバリ「スパークリング清酒」でしょう。日本酒ながら、シャンパンのようなシュワッとした泡とほのかな甘みで、若い女性を中心に大人気だそうです。

◆日本酒ビギナーを中心に人気急上昇

 シェアトップの宝酒造「松竹梅白壁蔵『澪』(みお)」、2位の一ノ蔵「すず音」(※)をはじめ、酒井酒造「ねね」、末廣酒造「ぷちぷち」など、さまざまな蔵元から商品が出ていて、おおいに盛り上がっているんです。

※酒類業界紙『日刊醸造産業』速報より。2013年度の販売量は、「澪」が60万ケース(300ml×12本)で前年度比4倍、「すず音」は11万ケース弱で前年度比6.2%プラスと、市場は伸びている。

 その発祥を振り返ると、まず1998年に宮城県の一ノ蔵が発泡純米酒「醸華邑(じょうかむら)」を限定発売、2000年に「すず音」が誕生しました。これが”日本酒の常識を変えた”とヒットし、以降、いろいろな蔵元の参入もあって、じわじわとスパークリング清酒の人気が高まっていました。

 それが、ここ数年で急速にブームに。なぜなのでしょうか? 酒文化研究所の山田聡明さんは、こう話します。

「2011年に宝酒造が松竹梅白壁蔵『澪』を市場投入したことが大きいですね。こうした新しいカテゴリーの成長には、市場を牽引する商品が不可欠なんです。宝酒造のように、高品質な商品を安定的に供給・流通させることのできる和酒メーカーは少なく、商品ならびにスパークリング清酒というカテゴリーそのものを認知させるマスコミュニケーションも適切だったのだと思います」。

記事の続きはコチラ

 

 


コメントを残す