酒蔵便り

世界の「鍋島」で乾杯 外国人に日本酒文化PR


 

鍋島

鹿島市の富久千代酒造(飯盛直喜社長)で8日、外国人に日本酒の知識や魅力を伝えるイベント「SAKEBIYORI」が開かれた。県内在住の14人が参加、同酒造の地酒「鍋島」と洋食との相性を堪能し、日本酒文化への理解を深めた。

日本酒が海外に進出する中で同酒造が初めて企画した。最初に社員らが英語で日本酒文化と酒造りの工程を紹介し、蔵を案内。その後、蔵の一角で大吟醸や5年ものの古酒など6種類の鍋島を洋食と合わせて飲み比べた。

記事の続きはコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
アバター

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵便り
-, ,

Translate »

© 2021 酒蔵プレス