Home STAFFブログ 【新人レポート】知ってる?もう飲んだ?熟成古酒ルネッサンス2018がすごかった!


4月22日(日)に渋谷フォーラムエイトにて、長期熟成酒研究会主催「熟成古酒ルネッサンス2018」が開催され、新人レポーターとして行ってまいりました。

醸造家が設計した逸品(30社以上100銘柄の熟成古酒)と熟成古酒ファンが発掘し育成した希少なコレクションを試飲できるひと際ディープな日本酒の世界に、古酒ファン約1,000名以上が集まり、各々に酒蔵自慢の古酒を試飲されていました。

各ブースには、独自の方法で熟成した古酒がずらり。3年、5年、10年、15年以上と、熟成していく過程を楽しめるものや、べっこうのような気品のある色合いに熟成しているもの等、どれもとても個性的でした。ブースの中には、超プレミア価格の古酒のものや、一部の熟成古酒は購入できるものがありました。

回数を重ねるごとにファンが増えているそうで、新人の私にも奥が深い古酒の世界に引き込まれました。
このレポートを読んで興味を持っていただいた方は、次回開催の折はお見逃しなく!

*長期熟成酒研究会:熟成古酒の製造に関する技術交流と市場の開発を目的とした、酒造会社による任意団体として昭和60年(1985年)に設立された研究会です。
参考:http://www.vintagesake.gr.jp/aboutus/2067/

【関連記事】
日本最大級、熟成古酒の祭典「熟成古酒ルネッサンス2018」
http://www.sakagura-press.com/sake-attention/agedsake2018/


コメントを残す