Home 酒蔵紹介 【白龍】白龍酒造株式会社


白龍酒造株式会社(酒蔵応援団)

新潟県阿賀野 白龍酒造株式会社 代表銘柄:『白龍(はくりゅう)』

『酒蔵紹介』
創業1839年(江戸時代・天保十年)、越後の酒造業者は地主の開業が多い中、弊社は北前船でにぎわう湊町新潟で北海道と交易する回船問屋から分家し、当時北海道で需要のあった、新潟からの主要物産である「酒」を製造する酒造業を開業いたしました。船に関わる家業に携わってきた末裔として、海の神様をあらわす“龍”の文字を銘柄に入れ、この地での繁栄を祈って『白龍酒造』と名付けました。以来、熟練の技術を受け継いできた蔵人たちが丹精込めた酒造りに励んでおります。白龍酒造が蔵を構える阿賀野市(旧・水原町)は、遠くに飯豊連峰を望み、阿賀水系に連なる福島潟の水郷地帯に位置しております。そして、その豊かな水の恩恵を受けて育まれた良質な酒米を得て、空気の澄み渡った雪深い厳寒期に酒造りに励む。「水」「米」「雪国」と、酒造りに恵まれた環境で醸し上げられたのが白龍酒造の清酒です。

『現在の酒造りの近況について』
弊社の酒造りには、新潟県の代表的な酒造米「五百万石」を中心に使用しております。その「米」作りについて、地元生産者の方々によって酒米生産協議会が結成されており、弊社へ納入するための良質な酒米を栽培していただいております。また、新潟県でのみ栽培されている酒造米「越淡麗」も、大吟醸酒の仕込みに使用しております。

『代表商品について』
白龍 純米吟醸 ひやおろし

寒中に造られた新酒が蔵の中で静かに息づき、夏を経て熟成した味わいとなって出荷されるのがひやおろしです。時を重ねたことによりお酒の角がとれて丸みを帯びた深みのある味わいとコクをお楽しみいただける秋一番の旬の味です。
精米歩合:55%、日本酒度:+2、酸度:1.7、アルコール度数:17

『お客様への一言』
蔵人たちが丹精込めて醸し上げた酒の数々、ぜひお試しください。

■白龍酒造株式会社
http://hakuryu-sake.com/

■酒蔵のご当地情報(新潟県阿賀野市)
http://www.agano-spot.com/


コメントを残す