Home 酒蔵紹介 【沢の鶴】沢の鶴株式会社


更新日:2018年5月

沢の鶴株式会社

兵庫県神戸市 沢の鶴株式会社 代表銘柄:『沢の鶴(さわのつる)』
kiki
『酒蔵紹介』
1717年(享保二年)に創業した沢の鶴は、米屋を営む初代喜兵衛が副業で酒造りを始めたことを発祥としています。それ以来、米を目利きする力を代々受け継いできた私たちは、純米酒・米だけの酒にこだわり続け、おかげさまで純米酒の売上げは、第1位を続けております。【インテージSRI調べ純米酒(特別純米酒含む)2017年1月~2017年12月累計販売金額(全国スーパーマーケット/CVS/酒DS計)】
純米酒・米だけの酒は、米や宮水の生命力を生かし、ていねいに人の手で世話をして初めて造られる“飲みやすいお酒”です。とても飲みやすく、毎日楽しんでもらえるお酒であることが、若い方に充分にお伝えできていませんでした。
私たちの『純米大吟醸原酒 瑞兆』や『特別純米酒 播州山田錦 生貯蔵酒』を、ぜひ一度お試しください。きっと純米酒の良さをご理解いただけると思います。これからも本物の純米酒を造り続ける。そんな誓いも込めて米屋を発祥とする沢の鶴は、米の字を由来とした「※」マークを商品ラベルに刻印しています。

『現在の酒造りの近況について』
「米と酒は、一体である」この想いのもと、 これからも沢の鶴は「米」へのこだわりを大切にし、あなたの毎日の食卓をもっと美味しくする、本物の純米酒をお届けしてまいります。

『代表商品について』
特別純米酒 実楽山田錦
酒米の王様として知られている「山田錦」にも、実はいろいろなランクがあるのをご存知でしょうか?
「実楽(じつらく)」は、酒米の王様、山田錦特A地区とされている兵庫県三木市の地名です。
「特別純米酒 実楽山田錦」は、いわば「山田錦の中の山田錦」で醸したお酒です。
“米(山田錦)・水(宮水)・造り(生もと造り)”にこだわって造ったお酒です。
「スローフードジャパン2015燗酒コンテスト 金賞受賞」
「第41回(2015年秋季)全国酒類コンクール 純米酒部門で第2位を受賞」

『お客様への一言』
純米酒にこだわる沢の鶴ですが、長期熟成酒や古酒仕込み梅酒にも力を入れております。
ぜひ一度お試しください。

■沢の鶴株式会社
http://www.sawanotsuru.co.jp/

■Facebook
https://www.facebook.com/sawanotsuru

■Twitter
https://twitter.com/sawanotsuru1717/

■Instagram
https://www.instagram.com/sawanotsuru/


コメントを残す