Home 酒蔵紹介 【沢の鶴】沢の鶴株式会社


沢の鶴株式会社

兵庫県西宮市(西郷)沢の鶴株式会社 代表銘柄:『沢の鶴(さわのつる)』

sawanotsuru_5

『酒蔵紹介』
沢の鶴の創業は、享保二年(1717)。江戸幕府八代将軍徳川吉宗の時代で、大岡越前守忠相が江戸町奉行に抜擢された年です。今年で創業300周年を迎えました。
米屋を営んでいた初代が、副業として酒造りを始めたのがきっかけで、現在、沢の鶴のマークの一つになっている「※」印は、米の字からとっています。沢の鶴が「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる。」のは、この発祥に由来します。
神戸・灘は日本一の酒どころと言われ、灘の酒は、江戸の人たちの人気を博しました。気候、風土、立地など、いくつも好条件が重なったことにもよりますが、それ以上に灘の人たちのたゆまぬ品質へのこだわりがあったからです。そして、それは今「沢の鶴」にも脈々と受け継がれています。
「沢の鶴」のブランドが300年続いたのは、「米」(山田錦)、「水」(宮水)、「人」(丹波杜氏)とともにひたすら灘本流の酒づくりを守り、その上に立って常に革新を重ねてきた結果です。

『現在の酒造りの近況について』
おかげさまで、今、「沢の鶴」は「純米酒売り上げNo.1メーカー」です。(インテージSRI調べ:純米酒販売金額)
量だけではなく、質・量ともに「純米酒のトップブランドを目指す」が沢の鶴300年目の社員の目標です。

『イベントへお越し頂くお客様へのメッセージ』
「純米酒売り上げNo.1メーカー」の純米酒を味わってください。純米酒仕込みの梅酒もお試しいただけます。

■沢の鶴株式会社
http://www.sawanotsuru.co.jp/

■Facebook
https://www.facebook.com/sawanotsuru

■Twitter
https://twitter.com/sawanotsuru1717

■Instagram
https://www.instagram.com/sawanotsuru/

酒蔵のご当地情報(兵庫県西宮市 西宮郷)
http://www.nishi.or.jp


コメントを残す