Home 酒蔵紹介 【瑞鷹】瑞鷹株式会社


幸姫酒造株式会社

熊本県熊本市南区 瑞鷹株式会社 代表銘柄:『瑞鷹(ずいよう)』

zuiyosake

『酒蔵紹介』
瑞鷹は、江戸の末期、慶応三年(1867)に創業、5世代にわたって酒を造り続けて今年で150年になります。
熊本市南部の旧河港町「川尻」で創業、この地には江戸時代の米蔵跡があり、主に藩の南部からの20万俵の米が蔵に納入された流通の拠点でした。米がある所には産業が育つという事で、初代吉村太八が酒造りを始めました。
江戸時代には主に「赤酒」と呼ばれる木灰を入れて酸化を防ぐ「灰持酒」が主流だった熊本で、いち早く清酒造りに着手し、「野白式吟醸造り」や「熊本酵母(協会9号酵母)」を生み出した「熊本酒造研究所(香露)」の設立の中心となるなど、熊本県産酒の向上に努めてきました。
熊本は非常に水に恵まれた場所で『阿蘇の伏流水』を水源とした地下水を使用して、味わいの中にキレのある「瑞鷹」の酒質を造りながら、地元の契約農家と共に酒米『吟のさと』などの無肥料栽培にも精力的に行いうなど、伝統と革新の中で酒造りに取り組んでいます。近年では伝統的な味わいのある芳醇な食中酒と、吟醸造りの華やかでバランスの良い酒質を目指し酒造りに精進しています。
酒銘の「瑞鷹」は、明治22年元日の朝、鷹が羽ばたき勇ましく酒蔵に舞い降りた瑞兆を機縁として命名されました。

『一押しのお酒について』

■純米吟醸酒 崇薫(すうくん)
地元熊本で30年来無農薬無肥料栽培に拘る生産者 稲本薫氏と出会い、酒米造りをスタートしました。
タンパクの少ない良質な米と出会い、毎年造りの試行錯誤を続け、華やかな吟醸香の中に、米の旨味が広がり、後味のキレる純米吟醸酒にたどり着きました。
まだまだ進化するお酒を、生産者稲本薫氏の名前を冠して「崇薫」と名付けました。

■瑞鷹株式会社 http://www.zuiyo.co.jp/
■Facebook: https://www.facebook.com/zuiyo.sake
■Twitter:  https://twitter.com/ZUIYOinKUMAMOTO
■酒蔵のご当地情報(熊本県熊本市)
http://www.manyou-kumamoto.jp/

 


コメントを残す