sake

「山田錦」確保に苦労 県内酒蔵、和食ブームで不足続き


H20140625105

 

和食ブームに伴い日本酒が注目を集める中、大吟醸など高級酒の原料となる酒米・山田 錦の不足が続いている。酒米は今年度から国の政策転換で減反の対象外となり、増産が可 能になったとはいえ、発注に対して生産量が追い付いていない。北陸新幹線開業や海外人 気を背景とした消費拡大の好機を前に、生産増を狙う石川県内の酒造各社からは「もっと 造りたくても造れない」と痛しかゆしの声が漏れる。

記事のづづきはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-sake
-, , , ,

Translate »

© 2021 酒蔵プレス