sake

【静岡】日本酒がまろやかに 南伊豆沖で熟成


熟成酒

 

南伊豆町の沖合約300メートルの海中で熟成を試みた日本酒の引き上げが、11日始まった。地元静岡のほか千葉、岐阜など全国から15の蔵元が参加し、持ち寄った日本酒計3300本を鉄製かごに入れて10メートルほどの海底に沈め、半年熟成した。

記事の続きはコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-sake
-, ,

Translate »

© 2021 日本酒・酒蔵プレス