にっぽん酒蔵マーケット
    
Home 酒蔵紹介 【泰斗(たいと)】千代の園酒造株式会社


【泰斗】千代の園酒造株式会社

  熊本県山鹿市

 代表銘柄:『泰斗』

『酒蔵紹介』

 チブサン古墳をはじめとする装飾古墳、灯籠まつり、温泉などで全国に知られる熊本・山鹿は、東に阿蘇の噴煙を望む、良質の肥後米の産地です。阿蘇の雄大な自然が貯えたすばらしい水に恵まれ、銘酒を醸すにふさわしいこの地で、千代の園は明治29(1896)年に創業しました。山鹿市は、江戸時代、米の集積地や豊前街道の宿場町として栄えており、この地で米問屋を営んでいた本田喜久八が酒造りを始めました。米問屋だっただけに米に対してこだわりも強く、そのこだわりは「九州神力」という新しい米の品種を作り出したほどでした。また、全国で数社しか純米酒を造っていなかった頃から純米酒の製造販売をはじめ、1844ml詰のしぼりたて原酒、コルク栓使用の大吟醸の発売など、酒造りへの挑戦を続けてまいりました。私たちの使命はお客様に求められる酒を造ることです。消費者の嗜好も多様化しておりますが、飲んで旨いお酒、飲み手の心を豊かにするお酒を目指しております。

『イベントへお越し頂くお客様への一言』

朝晩涼しくなってきて、いよいよ酒蔵の季節到来を感じております。今年は色々と例年とは違う状況で、お酒造りのスケジュールもいつもとはちょっと違いますが、変わらぬ千代の園をお届けするために、この冬もしっかりお酒を造ってまいります。千代の園らしい旨味感じる辛口から、ちょっとテイストの違うものまで。千代の園をぜひお楽しみ下さい。

『酒造りの近況について』
ぜひ熊本の『うまかつ』を味わってください。

阿蘇山田錦_s

■千代の園酒造株式会社
http://www.chiyonosono.co.jp

■Facebook
https://www.facebook.com/chiyonosono

■Twitter
https://twitter.com/chiyonosono2015

■Instagram
https://www.instagram.com/chiyonosono1896/

■酒蔵のご当地情報(熊本県山鹿市)
https://www.city.yamaga.kumamoto.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html


コメントを残す