酒蔵紹介

【泰斗】千代の園酒造株式会社


熊本県山鹿市
代表銘柄:『泰斗(たいと)』

酒蔵紹介

千代の園は明治29年(1896年)に創業いたしました。この年は、第一回の近代オリンピックがギリシャのアテネで開催された年でもあるようです。熊本県山鹿市は、東に阿蘇の噴煙を望む、良質の肥後米の産地です。阿蘇の雄大な自然が貯えた素晴らしい水に恵まれ、銘酒を醸すにふさわしいこの地で米問屋を営んでいた本田喜久八が酒造りを始めました。米問屋だっただけに米に対してのこだわりも強く、「九州神力」という新しい米の品種を作り出したほどでした。また、全国に先駆けて純米酒の製造・販売をはじめ、コルク栓を使用した日本酒の販売など酒造りの挑戦を続けてまいりました。私たちの使命はお客様に求められる酒を造ることです。時代の流れで食生活も変化して消費者の嗜好も多様化していますが、飲んでうまい酒、飲み手の心を楽しく豊かにする酒を目指して日々精進してまいりたいと思っています。

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

昨年から続くコロナ禍で、外部での飲食シーンが激減している中、弊社の酒造りも大幅な下方修正が求められています。それでもいつか笑顔で楽しい暮らしに戻れますように、また日本酒がそれに少しでもかかわっていけますようにと願っています。熊本のお酒は焼酎ですか?と尋ねられることが多い東京・大阪で、「熊本の日本酒」をご堪能いただけば幸いです。

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より
熊本=焼酎ではありません!都会では飲めない熊本の日本酒をこの機会に味わって下さい!

詳しい情報はこちら

■千代の園株式会社
 
https://www.chiyonosono.co.jp

■Facebook
 https://www.facebook.com/chiyonosono

■Twitter
 http://twitter.com/chiyonosono2015

■Instagram
 https://instagram.com/chiyonosono1896

■ご当地情報(熊本県山鹿市)
 https://www.city.yamaga.kumamoto.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-

Translate »

© 2021 酒蔵プレス