酒蔵紹介

【千代田蔵】太田酒造株式会社


兵庫県神戸市
代表銘柄:『千代田蔵(ちよだぐら)』

酒蔵紹介

太田酒造は、江戸城の初期創設者である「太田道灌」の末裔が設立いたしました。太田家の酒造りは、江戸時代末期に遡り、徳川三代将軍家光公による幕府内命を受け、近江草津に移り住み、当時所領としていた広大な田畑と、その年貢米として納められる良質な近江米を有効に使うために酒を造り出したのが始まりとなります。
以後、酒造りを生業として発展させ、さらなる酒質向上を志すうえで最重要となる、上質な米、名水を追い求め、昭和37年に灘五郷にも酒造場を設立しました。専門性を高め、差別化を促進する醸造技術の追求をし、これまでの太田酒造ブランドとは一線を画するブランド展開を目指した新商品。それが、今回、初出品となります「千代田蔵」です。
太田酒造の本物を追求する変わらぬ一途さと、永禄のいにしえをしのびつつ「歴史の旅」をお楽しみください。

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

「千代田蔵」ブランドのコンセプトは香りと旨味を基調としております。時代とともに食生活が変化し多種多様な文化が混在するなかで、料理の味付けにも多くの幅が生まれ、そのなかで「和」だけではなく多国籍料理の味わいや香りとともに日本酒を愉しみ、相乗効果をもたらすことのできる「酒」を追求としております。料理の味わいにも負けない濃厚旨口、華やかな香りと鼻腔に抜けるフレーバーを重点におき、かつ、日本酒本来の愉しみである季節を感じて頂くために四季折々に合わせた商品展開を行っております。
また、仕込み自体も総米750kgの小仕込みを行い、一本一本の造りを大切し、日本酒を様々なバリエーションで楽しんで頂けるようにしております。

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より
昨年から続くコロナウィルスの影響でイベント関係も中止、延期を余儀なくされ、なかなか皆様とお会いできませんでしたが、今日、久しぶりに皆様とイベントに参加できることを楽しみにしております。

詳しい情報はこちら

■太田酒造株式会社
 
http://www.ohta-shuzou.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-,

Translate »

© 2021 酒蔵プレス