酒蔵紹介

【越の白鳥(はくちょう)】新潟第一酒造株式会社


新潟第一酒造株式会社

新潟県上越市

代表銘柄:『越の白鳥(はくちょう)』

『酒蔵紹介』

創業大正十一年(1922年)、新潟第一酒造がある上越市浦川原区は、全国有数の豪雪地帯、四季折々の豊かな大自然に恵まれた山間(やまあい)にあります。蔵の歴史は亀屋酒造として創業したのが始まりです。昭和38年(1963年」近隣の三蔵が合併して新潟第一酒造を設立します。昭和40年「1965年」には更に一蔵が加わり現在に至ります。

『酒造りの近況について』

生産石数は約三百石。「安らぎと喜びと感動を伝える酒造り」をモットーに、蔵人制を廃止し山間の棚田で栽培された地元米と、裏山からこんこんと湧く清冽な伏流水で想いを込めて醸します。脈々と伝わる越後杜氏の技で醸される人と人とをつなぐ酒、新時代の日本酒として注目を集める新潟気鋭の蔵元です。

『和酒フェスへお越し頂くお客様への一言』

世界に向けて新しく設計・デザインされた「越の白鳥NDシリーズ」、どうぞお試しくださいませ。

■新潟第一酒造
http://www012.upp.so-net.ne.jp/hakucho/

■酒蔵のご当地情報新潟県上越市
https://www.city.joetsu.niigata.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-酒蔵紹介
-

Translate »

© 2021 酒蔵プレス