郷酒オンラインスト	ア
    
Home 酒蔵紹介 【山猿】永山酒造合名会社


永山酒造合名会社

山口県山陽小野田市

代表銘柄:『山猿(やまざる)』

『酒蔵紹介』

山口県西部、古くは厚狭の里に位置する永山酒造は、上流に秋吉台があり、カルシウムを含んだ硬水を使用し、酒米の生育に適した山口県の環境の良さを味方につけ、契約農家生産の酒米のうま味を活かしたお酒を醸造しております。
永山酒造 創業よりの社歴

  • 明治20年 永山橘太郎 厚狭郡二俣瀬村にて創業。「男山」発売
  • 大正 8年 厚狭(現本社)に煉瓦造りで当時新鋭の煉瓦蔵が完成。
  • 昭和 7年 永山酒造合名会社を設立する。(法人となる。) 本社を厚狭に移す。
  • 昭和54年 関東市場進出。
  • 昭和56年 本格米焼酎「寝太郎」製造開始。全国に販売する。
  • 昭和57年 山口県初の純米酒 「男山 純米酒」発売
  • 昭和63年 「男山ふぐひれ酒 お燗機能付き」発売
  • 平成 8年 果実酒製造開始。「山口ワイン」発売
  • 平成11年 五代目 永山純一郎 代表社員となる。  山口ワイナリー開業。
  • 平成14年 三隅酒米グループの酒米「穀良都」使用 清酒「山猿」発売
  • 平成19年 創業百年を越える企業が対象となる経済産業省「中国地域の歴史ある中小企業選」選定。
  • 平成21年 清酒「山猿」全国新酒鑑評会最高位金賞受賞(以後 金賞1回 入賞2回)
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『酒造りの近況について』
 飛ぶ鳥を落とす勢いの山口県地酒ですが、約40年前に東京進出し山口県で最初に純米酒を商品化した蔵です。
 今酒造年度は、それまでの但馬杜氏体制から、一気に山口県最年少の蔵人体制へと変わりました。
 伝統を重んじながらも、新しい風を感じる「山猿」をご堪能下さい。

『和酒フェスへお越し頂くお客様への一言』
今回初出場です。食とのペアリングを遺憾なく楽しめるお酒お楽しみください。

■永山酒造合名会社
http://www.yamanosake.com/

■Facebook
https://www.facebook.com/永山酒造合名会社-258024870918576/?tn-str=k*F

■ご当地の情報
https://www.city.sanyo-onoda.lg.jp/


Similar articles

コメントを残す