にっぽん酒蔵マーケット
    
Home 酒蔵紹介 【七冠馬(ななかんば)】簸上清酒合名会社


 

簸上清酒合名会社

島根県奥出雲町  

代表銘柄:『簸上正宗(ひかみまさむね)』『七冠馬(ななかんば)』『玉鋼(たまはがね)』

 

『酒蔵紹介』

 簸上清酒は江戸時代の正徳2年(1712年)に創業して以来、約300年15代にわたって島根県奥出雲町で酒を造り続けてきました。奥出雲は神話とたたらの里と言われ、スサノオノミコトとヤマタノオロチで知られる出雲神話や、古来より伝承される製鉄法「たたら製鉄」が息づく土地です。島根県内随一の米どころでもあり、ここで採れる良質な酒米と、日本海からの季節風がもたらす雪による伏流水、そして出雲杜氏の伝統の技が合わさって、弊社の日本酒は造られます。また、1962年に現在では日本全国の酒蔵で広く使われている「協会泡無酵母」の原種が発見された蔵としても知られています。
 使用する酒米は島根県産の佐香錦と改良雄町、山田錦、五百万石、そして一部大吟醸や吟醸系のお酒に使用する山田錦や美山錦を兵庫県と長野県から調達しています。地元奥出雲の食文化に根差した酒造りを追求し、「酸味のバランス」を重視した辛口濃醇な味わいが特徴です。過去には全国新酒品評会やインターナショナルワインチャレンジなどの受賞歴があり、昨年は島根県新酒品評会の吟醸の部で首席の島根県知事賞を受賞、広島国税局清酒鑑評会の「吟醸」部門、「純米酒」部門でそれぞれ優等賞を受賞しました。また隣の雲南市産の梅を使った梅酒造りも行なっており、昨年の全国梅酒品評会「日本酒梅酒」部門で銅賞を受賞しました。2017年には現在の杜氏の松本年正が「現代の名工」として国から表彰されました

『酒造りの近況について』

 近年は暖冬が続き、毎年異なる環境の中で酒造りをしていますが、長年積み重ねてきた知識と経験をもとに、変わらず美味しいお酒をお客様にお届けできるよう努めています。 お酒の味の流行に流されず芯をしっかり持ち、一方で広い視野を持って新しいことに挑戦しながら技術と感性を磨いていきたいと考えています。

 

『和酒フェスへお越し頂くお客様への一言』

 今年もおいしいお酒ができました。コロナウイルスの影響下ですが、皆で協力して安全安心な楽しいイベントにしましょう。

 

■公式HP
http://www.sake-hikami.co.jp/

■Facebook
https://www.facebook.com/hikami1712/

■Instagram
https://www.instagram.com/nanakanba.sake/

■【蔵元直営楽天市場ショップ】
https://www.rakuten.co.jp/nanakanba-sake/


コメントを残す