郷酒オンラインスト	ア
    
Home 日本酒ニュース 【新人レポート】神奈川県あしがらの江戸時代から続く人気の2酒蔵を巡るプレミアム酒蔵ツアー!


4/21(土)夏日を記録するほどの快晴の中、神奈川県あしがらの江戸時代から続く人気の2酒蔵、地元料理とのマリアージュを楽しむ!春の日帰りプレミアム酒蔵ツアーに新人レポーターとして同行しました!
今回のバスツアーは事前にお申込み頂いた分で完売。キャンセル待ちのご連絡も多数あったそうです。参加者の中には、日本酒が大好きで酒蔵見学によく訪れる方から、普段は日本酒はほとんど飲まないけど興味があるから参加したといった方まで、さまざまな方がいらっしゃいました。

まず訪れたのは、「箱根山」でお馴染みの井上酒造

20180421_tour01

味わい深い色をした杉玉に迎えられ門をくぐり、まずは日本酒の講義をして頂きました。

 

その後、蒸米機や、もろみの熟成庫など、実際酒造りをしている現場をひとつひとつじっくり見せて頂きました。

酒造りの時期は過ぎていましたが、時期によっては実際作っているところを見られるそうです。

その後、お楽しみの利き酒コーナー!

代名詞である箱根山や生もと作りの左岸、女性に大人気の発泡日本酒「スウィートハート」など
味の違いを感じたり、好みのお酒を堪能して頂きました。

20180421_tour08

 

そしてお昼は、瀬戸屋敷で地元食材による特製弁当(郷弁)を先ほど飲んだ日本酒を合わせてお楽しみ頂きました。
また、デザートには酒蔵さんと相談して選んだ純米吟醸酒とフランス人の有名パティシエのチョコレートケーキのマリアージュも!「みんな旨い!」と大好評でした。

 

食事の後に訪れたのは「松みどり」でお馴染みの中澤酒造へ。一際目立つ「松美酉」のタンクがお出迎え。

20180421_tour11

搾り方の一つ、佐瀬式の搾り機を実際に目の当たりにしたり、貯蔵タンクの温度の管理の難しさなど、参加者からの質問を交えつつご説明して頂きました。

 

利き酒コーナーでは、定番から新作まで、造りや味わいの違いなどを説明して頂きながら、思い思いの日本酒をたっぷり堪能しました。

今回のツアーに参加したみなさんでパシャリ。

20180421_tour22

最後に、大自然の中にあるパワースポット、大雄山最乗寺で酔い覚まし。


大満足のツアーとなりました。

【関連記事】
4月21日(土)、和酒フェスへ出展する2酒蔵を巡るプレミアム酒蔵ツアー開催
http://www.sakagura-press.com/sake-attention/saketour201804/


コメントを残す