Home 日本酒ニュース 【中田英寿氏プロデュース第2弾「キットカット」】平和酒造「梅酒 鶴梅」の香り、酸味、後味を再現!


今年9月に発売予定の中田英寿氏プロデュース「キットカット 梅酒 鶴梅」の新製品発表・試食会が、4月25日に六本木ヒルズアリーナにて開催されました。ベースとなる梅酒は、梅の産地・和歌山県の平和酒造の「梅酒 鶴梅すっぱい」が使用され、完熟梅のほのかに甘く奥深い味わいを、ホワイトチョコレートと繊細なバランスで組み合わせた、芳醇な香りとすっきりとした後味が特徴の上品な味わいが特徴です。

「梅酒 鶴梅」

発売元のネスレ日本株式会社は、訪日客含む海外からの需要獲得のさらなる強化に向けて、メイドインジャパンの「キットカット」は、累計350種、常時30種類超の豊富なフレーバーが展開され、訪日外国人観光客にとっての定番土産として選ばれています。
昨年9月に発売した、同じく中田英寿氏プロデュースの「キットカット 日本酒 満寿泉」は、前モデルに比べて、同時期比で売上が1.7倍に伸びる等、新・定番土産として選ばれ、売上が好調に推移しています。発表会で登壇した中田氏は「もともとお菓子が好きだが結果を出さないと趣味の域を越えないと思っていたので、売上が伸びているのはプロとしてうれしい」と笑顔を見せました。

「キットカット 梅酒」

新商品の試作品を公開試食した中田氏は、「味を0.01単位で調整しています。あと酸味のバランスを0.01~0.02調整して、最高の商品にしたい」とこだわりを語り、開発担当者も「通常は0.1単位の調整だが、ここまできたので頑張ります」と、どこまでも付いていく覚悟を述べました。

DSC03089

発表会の第2部では、平昌パラリンピックのスノーボードで金・銅メダルを獲得し、アスリートユーチューバーとしても絶大な人気を誇る、パラアスリート・成田緑夢選手が登場しました。世界に向けて挑戦する自分と重ねて、世界に挑戦する「キットカット」を応援したいと語り、「キットカット 梅酒 鶴梅」の試食をかけてカーリングに挑戦すると、見事第1投でストーンを真ん中に入れることに成功し、会場を大いに沸かせました。

DSC03103

「キットカット 梅酒 鶴梅」の発売に先駆けて、六本木ヒルズアリーナで4月30日(月)まで開催中の「CRAFT SAKE WEEK 六本木ヒルズ 2018」の特設ブース「カーリングチャレンジ」にて提供されます。ストーンを真ん中に入れた方のみに毎日先着40名様となります。是非挑戦されて、新しい味わいをお試しください。

キットカット梅酒パッケージ キットカット梅酒包装デザイン

【商品情報】
商品名:キットカット ミニ 梅酒 鶴梅
発売時期:2018年9月中旬
価格:700円
内容量:9枚
販売場所:全国のお土産店、キットカット ギフトショップ(りんくうプレミアム・アウトレット内)

【問い合わせ先】
ネスレお客様相談室 フリーダイヤル
TEL:0120-00-5916(受付時間 24時間年中無休)

【関連記事】
4/20-30開催!中田 英寿氏セレクト110蔵参加【CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2018】
http://www.sakagura-press.com/sake/craftsakeweek2018/


コメントを残す