郷酒オンラインスト	ア
    
Home 日本酒ニュース 世界初!15年熟成大吟醸古酒で仕込んだ貴醸酒ベースの七賢スパークリング日本酒「EXPRESSION(エクスプレッション) 2018」発表


山梨銘醸株式会社(山梨県北杜市、代表銘柄:七賢)は、15年熟成大吟醸古酒で仕込んだ貴醸酒を瓶内二次発酵させた七賢スパークリング日本酒「EXPRESSION(エクスプレッション) 2018」を2018年10月1日(日本酒の日)に発売すると発表しました。

IMG_5914

 

シャンパンの製法で本物を創りたい!スパークリング日本酒の新たな価値への挑戦

日本酒の世界では、今もっとも美味しい日本酒が飲める時代を迎えていると評価を得ていますが、この数年は発泡感を有するスパークリング日本酒カテゴリーが広がりを見せています。
awa酒協会メンバーの七賢は、2015年より「山ノ霞」「星ノ輝」「杜ノ奏」と、スパークリング日本酒の新たな価値を提案してきました。

そして今回、三世代に渡り大切に熟成管理された大吟醸古酒で仕込んだ貴醸酒を瓶内二次発酵させた七賢スパークリング日本酒「EXPRESSION 2018」を発表するに至りました。

貴醸酒とは、昭和47年に開発された歴史ある製法の一つです。水の代わりに日本酒で仕込む贅沢な製法として人気になり、貴腐ワインと肩を並べる高級な日本酒です。
新たな七賢スパークリング日本酒は、貴醸酒が持つ奥深さと上品な熟成感が瓶内二次発酵によるエレガントな泡のテクスチャーに仕上がっています。
時間が経っても旨さが続きます。2019年、2020年には新たに挑戦した「EXPRESSION」が発売されるとのことです。

世界に通用する米のスパークリングを目指して

北原対馬専務取締役は、「世界中でスパークリングのトップに君臨するシャンパンが、ぶどうのスパークリングの最高峰だとすれば、七賢は米のスパークリングの最高峰を目指す。」「米由来のスパークリング日本酒だからこそ味わえる繊細な旨味、やわらかな口当たりを味わってみてください。」と述べました。
北原亮庫常務取締役兼製造責任者は、「七賢スパークリングは、きめの細かいなめらかな泡、旨味とキレに重点を置いて造っている」と述べました。

北杜市にある世界で唯一の「中村キースヘリング美術館」のキースへリングとのコラボレーション

ラベルは、1980年代にニューヨークのアートシーンを駆け抜けた伝説のアーチスト「キースへリング」のデザインがラベルとギフト箱に投射されています。アーティストと醸造家は、フィールドは違っても同じ表現者(Expression)。新しいモノを生み出す。ネーミングの由来は、ここにあります。

特別な日に大切な人と飲みたいスパークリング日本酒になりそうです。お酒好きの人には、話ネタのつきないお酒になりそうだ。

【商品概要】
瓶内二次発酵 七賢スパークリング日本酒「EXPRESSION 2018」
アルコール度: 12%
容量: 720ml
価格: 15,000円(税別)
限定本数: 2,000本
発売日: 2018年10月1日(日本酒の日)

山梨銘醸株式会社
中村キースヘリング美術館


コメントを残す