Home 酒蔵紹介 【千代の亀】千代の亀酒造株式会社


千代の亀酒造株式会社

愛媛県喜多郡内子町 千代の亀酒造株式会社 代表銘柄:『千代の亀(ちよのかめ)』

taue
『酒蔵紹介』
千代の亀酒造は、愛媛県喜多郡内子町にて江戸時代享保元年(1716)創業。おかげさまで300周年を迎えました。
蔵老朽化に伴い3年前に蔵移転を行いましたが、旧蔵横にそびえる「岡森神社」には、医学・農業・そしてお酒の神様と言われる少彦名命(スクナヒコナノミコト)が住んでいたと言われております。
創業300年を迎えるにあたり、特に「多くの若年層に日本酒を呑んで楽しんでもらいたい」という思いのもと、新ブランド「媛人(エンド)」が誕生致しました。
また、地元の契約農家と極力余分な農薬を使用しない減農薬栽培による米つくりを始めています。
米への理解をもっと深めるため、蔵人も田植えから参加し、より良い酒造りへの挑戦を続けています。
おいしい日本酒づくりには、衛生管理が行き届き、低温保存でお酒にとって心地よい環境づくりが不可欠です。
千代の亀酒造では、長年の酒造りを続けてきたなかで建てられた旧式の木造蔵ではなく、現在は冷房設備が常時稼働し、衛生管理の行き届いた蔵で大切に保存管理されています。
また、醪(もろみ)には常にクラシック音楽を聞かせています。
昔から挑戦的な取り組みを続けており、搾ったお酒を約10年寝かせ、シャーベット状にして飲む長期熟成凍結酒(銀河鉄道、秘蔵しずく酒)は今でも全国の多くの日本酒ファンに愛され続けております。
自然を愛し、人を愛し、蒼い地球を考えた時、企業として果たす役割は、地域の快適環境の創造であり、地元の米・地元の水・地元の空気から醸し出す酒造り、「いのちにこだわる酒造り」にこだわり続けています。
造り酒屋の中ではとても小さいものですが、ここでしかできない酒造りを目指しております。

『現在の酒造りの近況について』
「いのちにこだわる酒造り」~酒造りは風土から醸し出される感動のドラマです~ を企業理念とし、地元・内子になくてはならない蔵として、風土文化を発信し続けております。

『代表商品について』
千代の亀 純米吟醸 ひやおろし

現在の時期まで蔵内にてじっくりじっくり寝かした純米吟醸生詰めです。愛媛県産米「松山三井(まつやまみい)」ならではの米の風味・旨みをお楽しみください。
hiyaoroshi
「媛人(えんど)START 純米吟醸 槽袋搾り
大切な人と共に・美味しい食事と共に・楽しい場所と共に・素晴らしい出逢いと共にお楽しみください。自慢の新商品です。

『お客様への一言』
愛媛の地酒の底力をお見せいたします!!

■千代の亀酒造株式会社
http://www.chiyonokame.com/

■Facebook
https://www.facebook.com/chiyonokame

■酒蔵のご当地情報(愛媛県喜多郡内子町)
http://www.we-love-uchiko.jp/


コメントを残す