Home 酒蔵紹介 【箱根山】井上酒造株式会社


更新日:2017年6月

井上酒造株式会社

神奈川県足柄上郡大井町 井上酒造株式会社 代表銘柄:『箱根山(はこねやま)』

hakoneyama02

『酒蔵紹介』
井上酒造は、江戸時代中期の寛政元年(1789)創業以来、7代にわたって神奈川県西部の箱根山の麓にある足柄平野で酒を造り続けてまいりました。 全国から厳選した原料米を、澄み切った箱根山からの冷気と変わることのない清冽な丹沢の伏流水を仕込み水として使用し、能登流の酒造りの技で「箱根山」をはじめとした銘酒を生み出してまいりました。「箱根山」の銘柄は、今からちょうど50年前、ドイツへの輸出を始めるにあたり海外でも通用する銘柄として商標登録したものです。

『現在の酒造りの近況について』
3年前より、日本の農業を守るためには自らが地元農業のサポーターたらんとの思いから、環境保全のために休耕田に稲作をしているグループの造った酒米を仕入れ、「生酛造り 左岸」の販売を開始いたしました。また、神奈川県農業試験所が開発した新種の柑橘=湘南ゴールドの果汁と日本酒のミックスリキュール「湘南ゴールド」も販売いたしております。一方、スパークリング日本酒の開発をいち早く始め、10年以上前から低アルコール(5%)の「純米発泡酒 スイートハート」の販売を行っております。 料理がより美味しくなる日本酒、食中酒としての日本酒とは何かをテーマに、①繊細な和のこころで②社員の和を保ち③心和む酒を造るという三つの「和」を大切に酒造りを行っております。

『お客様への一言』
ぜひ弊社製品をご賞味いただき感想をおきかせください。

■井上酒造株式会社
http://www.hakoneyama.co.jp/

■Facebook
https://www.facebook.com/hakoneyama/

■酒蔵のご当地情報(神奈川県足柄上郡大井町)
http://www.town.oi.kanagawa.jp/kanko/


コメントを残す