Home 酒蔵紹介 【白川郷】株式会社三輪酒造


株式会社三輪酒造(酒蔵応援団)

岐阜県大垣市 株式会社三輪酒造 代表銘柄:『白川郷(しらかわごう)』

『酒蔵紹介』
天保八年(1837年)に創業し、かつては関ケ原の戦いでも陣が構えられた大垣城の近くに位置し、幕末の大垣藩御用達の蔵として繁栄致しました。そして40年以上前に、今ではユネスコ世界遺産でお馴染みの岐阜県白川村より、白川郷どぶろく祭りの振る舞い酒をイメージしたどぶろくのようなにごり酒の製造を依頼されて以来、白川郷純米にごり酒を看板銘柄として、現在は造りの90%以上がにごり酒の商品という、にごり酒に特化した蔵元です。他蔵元様のにごり酒とは異なる独自の製法により、非常に濃厚で米の旨味が詰まったにごり酒を醸しており、その他、薄にごり酒やにごり酒の上澄み、さらに冷凍やチルド、発泡にごり、そして永年の想いを実現したどぶろくと、徹底したにごりへのこだわりにより、白川郷という銘柄を支えております。他と比較して極めて濃厚なにごり具合が特徴の白川郷純米にごり酒は、原料米を完全に発酵させて、濃厚な米の甘味と酒の雑味・酸味を上手く引き出し、それらが絶妙のバランスで絡まった、飲みごたえあるもクセになってしまう独特のにごり酒です。この純米にごりを基本にして、杜氏の技が造りだす様々なにごり酒やどぶろくがいくつも存在し、日本酒の味わいには味や香りだけでなく食感という要素も重要であることを感じていただけると思います。そのバラエティ豊かな味わいをお楽しみください。

『現在の酒造りの近況について』
現在では2,000石近い石数の酒を世に送り出していますが、日本国内にとどまらず、アメリカやヨーロッパ、オセアニア、アジアと、世界各国に向けて日本のにごり酒文化を伝えるべく酒造りに努めております。

『代表商品について』
白川郷 炭酸純米 泡にごり酒

醗酵段階で発生するガスを閉じ込めて、瓶内二次発酵させました。この醗酵で、適度な炭酸と甘味が生まれます。純米なので、自然の甘味を楽しめます。もろみ独特の旨みとシュワシュワ感が楽しめるどなたにも満足いただける発泡にごり酒です。
精米歩合:70%、日本酒度:-50、酸度:1.5、アルコール度数:11

『お客様への一言』
個性あふれるにごりワールドを感じてください!

■株式会社三輪酒造
http://www.miwashuzo.co.jp

■Facebook
http://www.facebook.com/miwashuzo

■酒蔵のご当地情報(岐阜県大垣市)
http://www.ogakikanko.jp/


コメントを残す