Home 映像 「いい水で、受け継がれた魂で醸す酒。」北海道 札幌市「千歳鶴」


北海道札幌市 日本清酒株式会社

明治5年、石川県能登から来道した創業者・柴田與次右衛門(しばた・よじうえもん)は、創成川のほとりで造り酒屋「柴田酒造店」を開店。

戦後は好景気に支えられ、「千歳鶴」は順調に生産を伸ばしていきました。昭和34年には当時国内最大規模の酒造工場「丹頂蔵」を竣工し、3年後には海外輸出へ。

蔵を訪れるとまず目に留まるのが、「千歳鶴酒ミュージアム」です。
SAKEのあるライフスタイルをご提案するコミュニケーション空間として和風モダンのハイセンスな外観がシンボルである。
一歩中に入ると、そこは、金賞受賞蔵らしい落ち着いた空間が広がっている

日本清酒のお酒はどれも本当に質が高く、人に自信を持ってお薦め出来るお酒である事は間違いが無い。

お酒が美味しい事に加えて、千歳鶴ミュージアムで販売している酒粕アイスがまた美味しい。

アルコールは入っていないので、車の方やお子様にも楽しんでもらえる逸品。

千歳鶴の特徴の大きな所は札幌の中心地に位置している事と、とにかく水が良質な事である。道内をくまなく掘った井戸屋さんいわく、日本清酒の水質は北海道の酒蔵の中でもトップクラス。「鉄分やマンガンが少なく、成分も酒づくりにぴったりのこの水があるから、千歳鶴ができる」

道外、海外への進出も積極的に行っている日本清水のポテンシャルの高さは今後注目です。

【銘柄紹介】

•純米吟醸 柴田
さらりとしたきれいな味と香りが特徴

•純米大吟醸 千歳鶴
千歳鶴ミュージアム限定の純米大吟醸

•雪原の舞 大吟醸
爽やかな香りとふくらみのある軽快旨口タイプの大吟醸

•大吟醸 吉翔
果実のような華やかな香りに、爽やかな余韻が残る絶品

•千歳鶴 「秘蔵古酒・10年」
杜氏渾身の秘蔵古酒。芳醇な香り、とろみのある濃厚な味わい


コメントを残す