ニュース

【龍勢】藤井酒造株式会社


広島県竹原市
代表銘柄:『龍勢(りゅうせい)』

酒蔵紹介

文久3年(1863年) 広島県竹原市にて創業。純米酒、生酛造りにこだわる全量純米蔵。創業銘柄『龍勢』は、水の神である「龍」と、その昔お酒という意味の漢字であった「勢」を組み合わせ、名付けられました。

『龍勢』のブランドコンセプトは「自然とともに醸す酒造り」。自然界に存在する微生物たちとの会話の中で、風土 × 伝統 × 時間が調和し生まれる奇跡の味わいを探求し続けています。

ほとんどのお酒で採用している伝統製法「生酛(きもと)造り」はで醸す自然由来の味わいは、決して派手さはありませんが、力強さと表現力が豊かな一期一会の味わいとなると考えています。

一方カジュアルブランドとして、『夜の帝王』という銘柄も。高アルコールの甘口の『夜の帝王 FOREVER』、低アルコールで辛口の『夜の帝王 Daybreak』など、ユニークで遊び心満載のお酒もリリースしています。肩肘はらずに、仲間と一緒にお酒を飲む楽しさを伝えるラインナップです。

酒蔵の近況、酒造りへの想い、今後の展望

2021年に、代表銘柄『龍勢』の特約店限定シリーズ「龍勢 -Limited Series-」の全量生酛化を発表。それに伴い、2021BYは造りの約80%が生酛造りとなりました。

自然由来の微生物でお酒を醸せる環境と、伝統的な技術を後世に残し伝えるため、藤井酒造は2024醸造年度までに全量生酛での仕込みを目指します。他にも2019年には、大正時代に使用していた木桶を2本再生。木桶仕込みでのお酒造りにも挑戦しています。

2020年からは蔵付き酵母の採取&培養にも挑戦。今後の動向にもご注目下さい!

「和酒フェス」へお越し頂くお客様への一言

酒蔵より(中目黒)
春の開催に続き二度目の参加となります。蔵単体では初参加!無添加生酛の魅力を東京の皆様にお届けします!

 

酒蔵より(大阪)
和酒フェス大阪での出展は初めてとなります。関西の皆様に「龍勢」「夜の帝王」を楽しんでもらえるように頑張ります!

詳しい情報はこちら

■藤井酒造株式会社
 
https://www.fujiishuzou.com/

■Facebook
 https://www.facebook.com/ryusei.sake/

■Twitter
 https://twitter.com/Ryusei_Sake

■Instagram
 https://www.instagram.com/ryusei_sake/

■note
 https://note.com/ryusei_sake

■ご当地情報(広島県竹原市)
 https://www.takeharakankou.jp/

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-ニュース

Translate »

© 2022 酒蔵プレス