プレスリリース

『日本酒で“KANPAI” 岩手から海外進出を果たした『南部美人』革新の軌跡』(久慈浩介著)を2022年9月16日に発売!


株式会社幻冬舎メディアコンサルティングは、『日本酒で“KANPAI” 岩手から海外進出を果たした『南部美人』革新の軌跡』を2022年9月16日に発売いたします。

書籍紹介

老舗酒蔵の五代目蔵元は、
いかにして日本酒文化を世界に普及させられたのか。

創業120年、岩手の老舗酒蔵「南部美人」が
グローバルブランドへと成長するまでの苦悩の軌跡

岩手・二戸の南部美人は、創業120年の歴史を誇る老舗酒蔵。五代目として蔵元を引き継いだ著者は「世界の南部美人」にしたいという強い思いを抱き、1990年代後半からほかの酒蔵に先駆けて海外市場へ進出。

当時、海外では中国で製造された酒が日本酒として出回っていたり、日本で造られた酒があったとしても適切な温度管理がされず劣化した状態で売られていたりしたことで、日本酒はおいしくないというイメージをもたれていた。

そのようななかで、海外の文化に合わせて料理との組み合わせ方や飲み方、管理のポイントなどをプレゼンテーションし、海外の販路開拓を推し進めていく。

本書では、創業120年の老舗酒造がいかにして世界で勝負できるブランドに成長したのかをつづっている。グローバルに自社ブランドの確立を目指す人や、伝統産業の変革を求める人にとって参考となる一冊である。

書籍情報

書 名:『日本酒で“KANPAI” 岩手から海外進出を果たした『南部美人』革新の軌跡』
著 者:久慈浩介(くじ こうすけ)
発売日:2022年9月16日
定 価:1,600円(税込価格1,760円)

【目次】

第1章 1902年創業 明治時代から受け継がれてきた「家業」と「伝統」
第2章 1990年代 「品質一筋」で新たな日本酒造りと海外への販路開拓
第3章 2011年東日本大震災 被災して気づかされた、全国の日本酒ファンの存在
第4章 『糖類無添加梅酒』『スーパーフローズン』『あわさけ スパークリング』
    ──日本酒の未知なる可能性へ挑んだ新たな商品開発
第5章 小さな酒蔵が世界の酒蔵へ── 究極のテロワールを誇る特別純米酒で世界一
第6章 世界が日本酒でKANPAIするために 革新を続ける酒造り魂を未来に伝える

【著者プロフィール】

久慈浩介(くじ こうすけ)
株式会社南部美人 代表取締役社長
1972年生まれ。東京農業大学を卒業後、1995年12月に久慈酒造(現・南部美人)へ入社。2013年12月に代表取締役社長就任。業界のなかでいち早く、1990年代から日本酒の海外輸出に取り組んできた。

また、砂糖などの甘味原料を一切使わない「糖類無添加梅酒」で特許を取得するなど、様々な糖類無添加リキュールも開発。「品質一筋」を経営理念に掲げ、日本国内の鑑評会や国内外の酒類コンクールで多数の金賞受賞歴をもつ。ヴィーガン国際認証を世界で初めて日本酒とリキュールで取得。

酒蔵プレス編集部
11/5(土)、6(日)に中目黒で開催する「第20回和酒フェスin中目黒」の利き酒イベントでは「南部美人」も出展します!
南部美人のお酒を飲んでみたい方は『日本酒で“KANPAI”』を片手に、是非お越しください。

「第20回和酒フェスin中目黒」のチケット情報はこちら▼
https://sakefes.com/tokyo20/

 

南部美人をご紹介!

【南部美人】株式会社南部美人

岩手県二戸市代表銘柄:『南部美人(なんぶびじん)』 酒蔵紹介 南部美人は明治35年(1902年)に創業した酒蔵です。現行の「南部美人」という銘柄に命名されたのは昭和26年。その当時はまだ全国的にも精米 ...

続きを見る

 

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-プレスリリース
-,

Translate »

© 2022 酒蔵プレス