sake

~郷土を愛する心が「綾菊」の原点です~【綾菊・国重】


地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と和酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画。第127回目の当記事では、香川県綾歌郡(あやうたぐん)の綾菊酒造(あやきく)を特集します。

郷土を愛する心を原点に

―酒蔵の歴史や地域について教えて下さい。

綾菊酒造は綾川のほとりにあり、清流綾川の伏流水、天皇ご即位献上の栄誉ある良質の讃岐米、阿讃山脈の北麓に位置した冬季寒冷な気候と好条件に恵まれたこの地で古くより酒造りを行っております。

綾菊の命名は、この綾川とこの地で酒造りを始めた酒部綾黒丸より綾を取り、菊の花を浸した酒を飲むと長寿を保つという中国の故事に習い、あわせて菊花のように香り良く上品で気品高い酒を願って付けられました。

―代表銘柄は?

代表銘柄は「綾菊」「国重」です。

寛政二年(1790年)創業以来、郷土を愛する心を原点に、地元の米と水を天の恵みとして、地元の人達と五穀豊穣を祈り、喜びを分かち合いながら酒造りに励んでおります。現代の名工や黄綬褒章の受章暦のある国重名誉杜氏のもと、愛弟子の宮家杜氏が讃岐の豊かな風土と文化をしっかりと携えた伝統と技術を継承しております。

―イチオシ商品はなんですか? 地元の食材・料理とはどんな合わせ方がおいしいですか?

  • さぬきオリーブ純米酒

香川県酒造組合と香川県産業技術センター発酵商品研究所との共同開発で誕生した「さぬきオリーブ酵母」を使用したALL香川の純米酒です。

トロピカルフルーツをイメージさせるような、きりっとした酸とすっきりとした味わい、爽やかな風味の中に米の旨味も感じられるお酒です。

料理との相性については、香りが穏やかでしっかりとした酸があるので、さまざまな料理に合わせやすいですが、特にオリーブオイルをアレンジした料理に良く合います。(カルパッチョやマリネなど)

香川県産米「オオセト」での酒造り

―酒造りで心がけていることは?

綾菊酒造は創業当時から地元香川県産米での酒造りを基本としています。

特に「オオセト」での酒造りは国重名誉杜氏が長年の歳月をかけて、研究に研究を重ねて築き上げた思いのあるお米です。オオセトの潜在能力は非常に高く、米の性質を熟知した上でつかいこなせば「山田錦」や「雄町」とは違った魅力を持つ日本酒を醸します。

是非、皆様に香川県産米オオセトで醸した日本酒を楽しんで頂ければと思います。

―酒蔵や地域、観光などでオススメポイントや盛り上がっている話題を教えて下さい。

蔵のある綾川町山田地区は大正天皇ご即位の大嘗祭に奉納する新米を栽培する主基斎田に勅定された米処です。土壌肥沃で寒暖の差が大きく米作りには最適な場所で、昔からこの地区の米は「山田米」と呼ばれており、その名声は県の内外に高く、藩主の御料米にもなっていました。

綾菊酒造は、需要の減少により栽培されなくなっていたこの山田地区の「オオセト」を2017年より復活させ、更に質の高いオオセトを目指しております。

―最後に、読者へのメッセージをお願いします!

国重名誉杜氏が長年研究を続けてきた思いのあるお米「オオセト」は1979年に誕生した香川県のお米です。

瀬戸内地方に広く適する品種であることからオオセトと命名されました。オオセトの潜在能力は高くとても魅力のあるお酒を醸します。是非、一度オオセトで醸した日本酒をお試し下さい。

今回ご紹介した酒蔵について

【香川県】
綾菊酒造株式会社
https://www.ayakiku.com/
香川県綾歌郡綾川町山田下3393−1

 

地域で愛される酒蔵をご紹介!

【キラリと光る、地域で愛される酒蔵の銘酒】全国にある様々な酒蔵の歴史と文化、オススメの商品や地域の観光をご紹介!

地域で愛される酒蔵の銘酒に着目し、酒蔵からの生の声と日本酒情報を読者の皆様にお届けする連載企画がスタートしました! 日本には約1,400の酒蔵があり、地域の蔵人たちは日々情熱を注いで酒造りをしています ...

続きを見る

 

 この記事が気に入ったら、いいね !・シェアしよう
最新記事をお届けします!

  • この記事を書いた人

酒蔵プレス編集部

あなたと酒をつなぐSAKEメディア 「酒蔵PRESS」では、Made in JAPANの日本酒を中心に、和酒(日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、リキュール、地ビール、日本ワインなど)に関わる情報を発信しています。

-sake
-, , , , ,

Translate »

© 2022 酒蔵プレス