郷酒オンラインスト	ア
    
Home 日本酒ニュース 【『月桂冠』『伝匠』月桂冠株式会社


月桂冠株式会社

京都府京都市 

代表銘柄:『月桂冠』『伝匠』

『酒蔵紹介』

1637年(寛永14年)、城下町、宿場町としてにぎわっていた京都伏見の地で初代・大倉治右衛門が酒屋を開いたのが月桂冠のはじまりです。創業当時は地元伏見で商う小さな酒屋にすぎず、鳥羽伏見の戦い(1868年)の戦火に見舞われるなど苦難の歴史が続きました。
1905年、月桂冠の中興の祖で11代目当主の大倉恒吉は、自らが商う酒の名に勝利と栄光のシンボル「月桂冠」と名付けました。「いつかは京都・伏見の酒をナンバーワンにしてみせる」という大きな志を込めての命名でした。
1909年には日本酒メーカーで初の酒造研究所を設立。酒造りに科学技術を導入して、樽詰全盛の時代に防腐剤なしのびん詰を発売しました。1910年(明治43年)には、「コップ付き小びん」を開発し、当時の鉄道院の時代に「駅売りの酒」として採用され、月桂冠が広く知られるきっかけになりました。
その後も「品質第一」をモットーに、日本で初めて年間を通じた酒造りを行なう四季醸造システムや、新規技術を活用しながら品質の高い酒を醸造しています。常に革新性・創造性をもってチャレンジを続けながら、お客様に世界最高品質の商品をお届けしています。

『酒造りの近況について』

月桂冠の酒造りの理念は「品質第一」。お客様に満足いただける世界最高品質の日本酒を目指し、日々勤しんでいます。日本中の蔵人が技術を競い合う「全国新酒鑑評会」では、今年も4蔵すべてが金賞を受賞しました。
また、新しい日本酒のスタイルを目指した『THE SHOT』や、百年前の蔵付き酵母を復活させた『伝匠 百年酵母仕込み 紅熟』など常に革新を目指した商品を造り続けています。
今回のイベントでは、伝統的な日本酒だけではなく、新しい日本酒の世界をぜひ感じていただければと思います。

『和酒フェスへお越し頂くお客様への一言』

100年前の幻の酵母を復活させた純米吟醸や、通信販売だけの生原酒など限定酒をご提供します。
普段はなかなか飲めないお酒の数々、ぜひ飲み比べをお楽しみください。

■月桂冠株式会社
https://www.gekkeikan.co.jp/

■Twitter
https://twitter.com/gekkeikan_sake

■Instagram
https://www.instagram.com/gekkeikan_jp/

■YouTube
https:// www.youtube.com/channel/UCwJqsv5OBMWL-Ci4vguD8yw /

■酒蔵のご当地情報(京都府京都市)
https://www.city.kyoto.lg.jp/


コメントを残す